こっそりサイドFIREを狙う

投資信託、ETFの信託報酬や信託財産収保額とは【FIRE、サイドFIRE】

スポンサーリンク


※このカテゴリでは投資初心者がFIRE達成を目指して、日々勉強したことや知識、考え方などをまとめていきます。投資は自己責任で許容できるリスクの範囲内で行うようにしましょう。損失については責任は負えませんのでご了承ください。

FIREやサイドFIREを達成するために、投資信託(インデックスファンド)やETFでの長期投資が効果的だと個人的には考えています。

投資信託やETFは分散投資を手軽に行うことができてとても便利ですが、デメリットとしてコストと呼ばれる手数料などがかかってしまいます。

投資信託やETFを選ぶ際にはどのくらいの範囲の国、企業に投資をしているのかを重要視するのと同様に、どのくらいのコストがかかるのかも考慮するべきなので、コストについて詳しく見ていきたいと思います!

今回の記事は以下の疑問についてまとめてみます!

  • 投資信託、ETFのコストとは
  • 投資信託、ETFのコストの見方

投資信託、ETF選びの際はコストも考慮して選ぶようにしましょう!

投資信託、ETFの違いってなんだっけ?という場合は以下の記事を参考にしてみてください。

投資信託、ETFのコストとは

投資信託

販売手数料(購入時の手数料)

投資信託では購入時の手数料の事を、販売手数料と呼びます。

これは商品や販売会社によって購入額の資産の何%というように設定されています。

ノーロード(販売手数料が無料)の投資信託もたくさんあるので、基本的には販売手数料が無料の投資信託を選ぶことがおすすめです!

販売手数料があるから優秀な投資信託、ということにはならないです。

余計なコストは徹底的に省いていきましょう。

信託報酬(運用期間中の手数料)

投資信託の運用期間中にかかる手数料の事を信託報酬と言います。

信託報酬は別途お金を入れるということは必要なく、投資している投資信託の資産から一定割合で毎日引かれていきます。(正しくは、1日1回決められる投資信託の金額 – 日割り分の信託報酬 = 基準価額 となるので、販売されている基準価額には既に信託報酬の支払いは組み込まれています。)

この引かれる一定割合は何%なのががちゃんと記載されています。

スポンサーリンク


投資信託にはアクティブファンドとインデックスファンドがありますが、アクティブファンドの方が信託報酬が高く設定される傾向があります。

データを見るとアクティブファンドよりもインデックスファンドの方が成績が良いことが多く、さらに信託報酬も低い傾向があるので特に大きな理由がない限りはインデックスファンドに投資をすることがおすすめです!

インデックスファンドでも商品によって同じような商品なのに信託報酬が違う、といったこともありますので同じような商品であれば、とにかく信託報酬が安いインデックスファンドを選ぶようにしましょう。

信託財産留保額(売却時の手数料)

投資信託では売却時の手数料の事を、信託財産留保額と呼びます。(なぜ急に複雑な名前にしたのか、、、)

これも商品や販売会社によって売却時の資産の何%というように設定されています。

ただ信託財産留保額が無料の投資信託もたくさんあるので、これも基本的には無料の投資信託を選びましょう。

不要なコストです!

ETF

取引手数料(購入時の手数料・売却時の手数料)

ETFは株式と同じように扱うので、証券会社によってETFの購入時や売却時に取引手数料がかかってきます。

ですがこれも工夫次第で無しにすることが可能です。

例えばSBI証券の場合、取引手数料のプランが2種類あります。

アクティブプランという方のプランであれば、1日に100万円までの約定であれば取引手数料は0円になります。

1日に100万円以上の売り買いを行わないのであれば、このプランを使うことで取引手数料は無料にすることができます。

経費率・信託報酬(運用期間中の手数料)

ETFの運用期間中にかかる手数料の事は経費率や信託報酬と言います。

こちらも投資しているETFの資産から一定割合で毎日引かれていきます。(投資信託と同じく、基準価格に既に信託報酬が織り込まれている)

経費率・信託報酬に関しては投資信託よりETFの方が低い傾向があります。

スポンサーリンク


コストをとにかく安くしたい!という場合にETFを選ぶという選択もアリだと思います。

信託財産留保額(売却時の手数料)

ETFでも売却時に証券会社に支払う手数料とは別に、ファンドに対する信託財産留保額が発生します。

為替手数料

海外のETFを購入する際に円をドルやユーロなど外国の通貨に交換する必要があり、この交換時に金融機関に支払う手数料のことです。

ETFは海外の証券取引所に上場している商品を取引するので、取引にはドルが必要となり、そのために手数料が発生します。

しかし最近では東京証券取引所に上場しているETFもあり、このETFであれば日本円で取引を行うことができるので為替手数料はかかりません。(MAXIS全世界株式(オール・カントリー)上場投信など)

投資信託、ETFのコストの見方

投資信託やETFのコストである信託報酬や経費率というのは証券会社の画面でもみることができますが、ファンド毎に目論見書というものがあるので、それをみてもよいです。

目論見書は証券会社からでも見れますし、ブラウザで調べても出てきます。

以下、投資信託の「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」の目論見書です。

手続・手数料等 などというページにまとめられています。

購入時手数料と信託財産留保額は無しで、運用管理費用(信託報酬)の欄に年率0.0968%と書かれていますね。

これがコストになります。

「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」はファンドの総資産が多ければ多いほど、信託報酬が下がっていくとも記載されています。

投資信託やETFを検討する際には必ず確認するようにしましょう。

※実は今回紹介したコストとは別に隠れコストと呼ばれるコストもあります。できれば隠れコストも確認した方が万全です。隠れコストの見方は以下記事にまとめました。

さいごに

投資信託やETFは便利でとても良いのですが、コストはどうしてもかかってきます。

スポンサーリンク


コストはマイナスでしかないので、不要なコストはどんどん省いていきましょう!

信託報酬も安い方がもちろん良いです。

この知識をもっていれば、割高な信託報酬の投資信託やETFに投資をせず自分の資産を守ることができます。

特に銀行や郵便局ではコストが割高になる傾向が強いので、ネット証券で色々と吟味して投資することをおすすめします。

自分の資産を守りながら増やすために、このコストも考慮して投資信託、ETF選びをしていきましょう!

いくつか優良だと思う投資信託やETFをまとめている記事もあるので、よければ参考にしてみてください。

FIRE、サイドFIREを目指している方へ

FIRE、サイドFIREを目指すのであればお金に関する力と知識を磨く必要があります。

特に早くFIREを達成したいと思うのであれば、稼ぐ力を伸ばすことが効果的です。

稼ぐ力については僕が具体的に収入をアップさせたシンプルな方法もまとめて記事にしています。

【実務経験なし】25歳で月収37万になった話【資格なし】

是非、参考にして収入アップも目指していただけたらと思います!

スポンサーリンク




【暴落にも強い?】ドルコスト平均法とは?【FIRE、サイドFIRE】前のページ

投資信託の隠れコストとは?実は重要?【FIRE、サイドFIRE】次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

  1. 【魚を綺麗に捌きたい方向け】おすすめの包丁1選!【これを買え…
  2. 【全て実体験】実際に使って厳選した釣り竿3選!【初心者にもお…
  3. 【実務経験なし】25歳で月収37万になった話【資格なし】
  4. 【釣り方別】コスパ最高、スピニングリール5選!【初心者にもお…
  5. 【価格別】釣りに必須のクーラーボックス5選!【もってないのは…
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーカイブ

お問い合わせフォーム

    スポンサーリンク
    1. こっそりサイドFIREを狙う

      投資信託の基準価額はいつ決まる?いつ更新される?【FIRE、サイドFIRE】
    2. こっそりサイドFIREを狙う

      【お金にまつわる5つの力】守る力を磨く【FIRE、サイドFIRE】
    3. こっそりサイドFIREを狙う

      【暴落にも強い?】ドルコスト平均法とは?【FIRE、サイドFIRE】
    4. 釣行日記

      月島で釣り!隅田川シーバスのポイントは?オススメはルアー?エサ?
    5. オオクワガタについての小言

      オオクワガタを飼おうと思った時の最初の難関??~家族の反対編~
    PAGE TOP