こっそりサイドFIREを狙う

投資信託とETFの違いは?どっちがいいの?FIRE、サイドFIREを達成する

投資信託やETFは様々な会社の株を詰め込んだパッケージ商品のようなもので、その商品に投資をすることで間接的にパッケージに含まれている会社すべてに分散投資をしている状態になります。

どちらも同じパッケージ商品のように分散投資ができる便利なものですが、それでは投資信託とETFの違いはなんでしょうか?

今回の記事は以下のような疑問がある方におすすめです。

  • 投資信託とETFの違いは?
  • 投資信託とETFはどちらを選べばいいのか

違いや特性を理解して、自分に合った方を選択しましょう。

投資信託とETFの違いは?

投資信託とETFの大きな違いを簡単にリスト化してみます。

投資信託ETF
上場していない上場している
1日1回算出される基準価額で売買する株式と同様にリアルタイムの市場価額で売買する
証券会社や銀行、郵便局などで購入できる証券会社で取引を行う
コストは高くなる傾向がある投資信託に比べてコストは低い傾向がある
口数指定、金額指定で購入する株数指定で購入する
500円や1000円での少額購入が可能少額購入が難しい
積立NISAの対象であることが多い積立NISAの対象となることが少ない

一部例外もありますが、おおむね上記のような違いがあります。

それでは上記の違いによって、どのようなことが変わってくるのかを見ていきたいと思います。

投資信託

投資信託は証券会社や銀行、郵便局などで購入でき、1日1回算出される基準価格で取引されます。

投資信託は似た商品も多く、同じような成績でも購入する場所によって手数料・コストが全然違うので、ネット証券が絶対オススメです。

同じ成績なのに手数料が数%も違う場合があり、投資の世界ではこの数%が運用成績に直結します。1%や0.5%のコストの差も馬鹿にできません。

基本的に銀行、郵便局の投資信託は手数料・コストが高いことが多いのでオススメできません。

手数料・コストが安い商品がたくさんある証券会社(ネット証券)で買うようにしましょう。

投資信託は購入の申し込みをした時点ではいくらで買えるのかは分からず、申込日の翌日などに基準価額がだされ、その額で購入が確定するといった流れになります。(ブラインド方式)

投資信託は1口、2口と数え、口数指定と金額指定で購入することができます。

口数指定は、指定した口数分を購入する方法

金額指定は、指定した金額分の口数を購入する方法です。

例えば金額指定で5万円分買いたいと申し込みをすると、翌日の基準価格で自動で5万円分の口数を購入することができます。

投資信託は1万口単位(1口=1円)で運用を開始されることが多く、1口あたりの金額が低いので500円や1000円での少額からの投資が可能です。

この金額指定を使うことでドルコスト平均法という方法が行えるのもメリットです。

(ドルコスト平均法の詳しい記事は別で書きます)

投資信託はネット証券などで自動買い付け設定があるので、毎月5万円分を購入するといったことが手間なく行えます。

また積立NISAは対象のほとんどが投資信託なので、積立NISA枠を利用したい場合は投資信託のほうがいいと思います。

ETF

投資信託は証券会社で取引することができ、株式同様にリアルタイムで変動する市場価格で取引されます。

株式の取引に慣れている場合はこちらのほうがイメージしやすいと思います。

基本的に投資信託よりも運用にかかるコストを抑えることができるので、コスト面を考慮したい場合はETFのほうがメリットがあります。

ETFは株数単位で購入になります。

市場価格が1株15000円だった場合は、15000円ないと購入できません。

この場合、500円や1000円での取引はできないので少額の取引には向きません。

(ETFでも少額から投資できるサービスや自動買い付けできるサービスも出てきているようです。)

積立NISAの対象となっているETFはまだまだ数が少ないので、積立NISA枠をETFで使おうと思うと選択肢が狭くなります。

投資信託とETFはどちらを選べばいいのか

投資信託、ETFはどちらもメリットがあるので自分に合った方を選ぶということになります。

それぞれのメリットを把握したうえで、自分のスタイルに合った方を選択しましょう。

もちろん両方を運用することもできます。

投資信託が向いている人

  • 株式投資の経験がない
  • 少額から始めたい
  • 手間をかけたくない(自動買い付け設定)
  • 毎月定額で購入したい(金額指定で購入)
  • 積立NISA枠を利用したい

ETFが向いている人

  • リアルタイムでの売買をしたい
  • コストをできるだけ抑えたい

最近は投資信託でもコストが安い商品がでてきているので、面倒なことをしたくないのであれば投資信託のメリットが大きいです。

指値などを利用して少しでも安値で買いたい、コストを最安にしたい、というのであればETFがいいでしょう。

どちらも長期、積立の投資を行うことで資産運用の強い味方になってくれます。

まずは自分のスタイルにあった方を選択して、実際に投資をしてみましょう。

どのような投資信託、ETFがおススメかは別の記事にまとめます。

どんな投資信託、ETFを選べばよいのか【おすすめも紹介】FIRE、サイドFIREを達成する前のページ

投資信託の隠れコストとは?FIRE、サイドFIREを達成する次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール

Tkk

青森県出身、SEの27歳。

仕事に打ち込みすぎて疲れ、なぜかオオクワガタの飼育をはじめてみた。

あと釣りもはじめてみた。



お問い合わせフォーム

    1. オオクワガタについての小言

      10000匹に1匹の確率!?雌雄モザイクとは
    2. 釣行日記

      アナゴは冬の釣りの好ターゲット!2月の千葉県少し上はの鹿島港で80オーバーを釣る…
    3. こっそりサイドFIREを狙う

      FIRE、サイドFIREの意味と違いとは?【メリット、デメリット】
    4. 釣行日記

      千葉県、銚子マリーナで50㎝に迫るヒラメを釣る!おまけにカレイも。
    5. 釣りいろいろ研究!

      タコの締め方!ナイフ、ハサミの活き締めから下処理の方法。【意外と簡単】
    PAGE TOP