こっそりサイドFIREを狙う

【4%ルール】なぜ生活費25年分の資産を作るのか【FIRE、サイドFIRE】

スポンサーリンク


※このカテゴリでは投資初心者がFIRE達成を目指して、日々勉強したことや知識、考え方などをまとめていきます。投資は自己責任で許容できるリスクの範囲内で行うようにしましょう。損失については責任は負えませんのでご了承ください。

FIREを達成するには生活費25年分の資産を作る必要がある、と言われているのをご存じでしょうか?

よく生活費25年分あればFIREできると言われているのですが、それだと25年分しか持たなくない?と思われるかもしれません。

今回はなぜ生活費25年分でFIREできるのかを詳しく見ていきたいと思います。

この記事は以下のような疑問がある方におすすめです。

  • 生活費25年分でなぜFIREできるのか
  • 生活費25年分でFIREする方法

これを知っておくと、25年分の資産は枯渇するばかりか増えている可能性も大きいです!

生活費25年分でなぜFIREできるのか

結論から言うと、生活費25年分でFIREするためには投資をすることが必要になります。

今回は生活費25年分の資金を株式投資することでFIREする方法をお伝えします。

株式投資と聞いて、会社の決算を見たりチャートを分析したりという作業が必要?と思われるかもしれませんがそのような個別株を分析する力は必要ありません。

もちろん株や投資信託についてある程度の知識は必要にはなってきます。(手数料、暴落時の心構え、ファンドの選び方など)

ですが、これらは専門的に勉強をしなくても理解しやすいので、難しい訳ではありません!

資金を作る最中で少しづつ勉強し、資金ができた段階で納得してこの方法を実践できるように勉強をしておきましょう。

言われたからその通りやる、というスタンスより自分で理解して実践したほうが対応もしやすく安心できると思うので頑張りましょう。

生活費25年分でFIREする方法

これから紹介する方法は、米国の代表的指数S&P500の年間平均成長率やインフレ率を考慮して求められた理論上のデータになります。

つまり、S&P500のインデックスファンドを所有した場合、以下のようなルールが適用されるということです。

スポンサーリンク


投資先を変えると、ルールは変わってきますので注意してください。

ちなみに暴落時に焦ってインデックスファンドを売ってしまうということはしてはいけません。長期目線で見るとまた値段が上がっていくからです。

4%ルール

生活費25年分の資産でFIREできると言われる理由として、この4%ルールというものがあります。

アメリカのトリニティ大学で行われた研究をもとに、生活費25年分の資産を株式投資して毎年一定割合のお金を引き出していった場合、資金が底を付かないでいられる割合と確率が算出されています。

このとき資産に対して、毎年4%を切り崩していくと仮定すると

25年までは100%、30年で95%の確率で資産が維持されているとデータが出されています。

もう少し長くみると、40年で93%、50年で90%、60年で89%の確率で資産が維持されるというデータがあります。

年200万円で生活する場合、4%ルールで200万円を毎年引き出すには資産5000万

年300万円で生活する場合、4%ルールで300万円を毎年引き出すには資産7500万

ちょうど元本が年に引き出す額の25倍になります。

これが生活費25年分あればFIREできると言われる根拠です。

ちょっと待って!確かに高確率で資産が残っているけど、数%は失敗してるじゃん!と思う方もいると思います。

もっと安全を求める場合は以下のような方法も覚えておいてください。

3%ルール

これは4%ルールとほぼ同じですが、資産に対して毎年3%を切り崩していくという方法です。

株式投資をして総資産の3%で生活をしていきます。

スポンサーリンク


年200万円で生活する場合、3%ルールで200万円を毎年引き出すには資産約6700万

年300万円で生活する場合、3%ルールで300万円を毎年引き出すには資産約1億

元本が年に引き出す額の33倍程度になります。

この3%ルールであれば、60年後まで資産が維持される確率は理論上100%となっています。

さいごに

上記の方法を紹介しましたが、あくまで理論上はこうなるという計算結果で考えられたルールです。

理論上ということで、リスク管理を兼ねて好きな仕事をしたり、週に2日は働いて収入を得て、毎年取り出す額は総資産額の2%にするなどをするともっと資産は長生きします。

もし株式が暴落した場合は資産を切り崩さずに、貯金や労働のお金のみで生活して、株価が戻ってくるのを待つことができれば資産はもっともっと長生きします。

4%ルールや3%ルールを知り、それに対して数年分の生活費の貯金や、労働などでサブの収入を得ておくのは大きな保険になると言えます。

上手く使ってFIRE、サイドFIREなど自分の理想のライフスタイルにしていきましょう!

FIRE、サイドFIREを目指す

早くFIREを達成したいと思うのであれば、稼ぐ力を伸ばすことが効果的です。
稼ぐ力については僕が具体的に収入をアップさせたシンプルな方法もまとめて記事にしています。

【実務経験なし】25歳で月収37万になった話【資格なし】

是非、参考にして収入アップも目指していただけたらと思います!

スポンサーリンク




新NISAとは?ロールオーバーできない銘柄も【FIRE、サイドFIRE】前のページ

投資本「投資家の父より 息子への13の遺言」を読んだ感想。【FIRE、サイドFIRE】次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク

おすすめ記事

  1. 【魚を綺麗に捌きたい方向け】おすすめの包丁1選!【これを買え…
  2. 【全て実体験】実際に使って厳選した釣り竿3選!【初心者にもお…
  3. 【実務経験なし】25歳で月収37万になった話【資格なし】
  4. 【釣り方別】コスパ最高、スピニングリール5選!【初心者にもお…
  5. 【価格別】釣りに必須のクーラーボックス5選!【もってないのは…
スポンサーリンク

アーカイブ

お問い合わせフォーム

    スポンサーリンク
    1. 釣行日記

      新中川でウナギ釣り!深夜からの挑戦【ミミズポイントのコツ】
    2. 釣りいろいろ研究!

      魚の毒で最も有名なテトロドトキシン。フグ以外でも注意が必要!
    3. 釣りいろいろ研究!

      PEラインの選び方!釣り糸の特徴を知って選ぶ。おススメPEラインも紹介!
    4. 釣りいろいろ研究!

      魚の熟成に専用シートを使ってみる!【熟成魚】
    5. こっそりサイドFIREを狙う

      【信託報酬】レバナスの手数料、隠れコスト【FIRE、サイドFIRE】
    PAGE TOP