こっそりサイドFIREを狙う

ITバブル崩壊とは?また訪れるのか!?【FIRE、サイドFIRE】

スポンサーリンク


※このカテゴリでは投資初心者がFIRE達成を目指して、日々勉強したことや知識、考え方などをまとめていきます。投資は自己責任で許容できるリスクの範囲内で行うようにしましょう。当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

ITバブル崩壊という言葉は誰でも聞いたことがあると思います。

実際に体験したわけではないので話だけでしか聞いたことはないのですが、ものすごい出来事だったということは分かります。

投資をしていく上でITバブル崩壊についてはもっと知っておいた方が良いと思ったので、今回の記事は以下についてまとめていきます。

  • ITバブル崩壊とは
  • ITバブル崩壊はまたくるのか

ITバブル崩壊の原因について知ることで、今後もITバブルが起きるのかを少しでも理解出来たらと思います。

もちろん100%ではないので、あくまで可能性として捉えてまとめていきます。

ITバブル崩壊とは

そもそもITバブル崩壊という言葉は聞いたことあるのですが、何が起こってなぜ崩壊したのかは知りませんでした。

何が起こっていたのかというと

1990年代前期から2000年代初期にかけて、アメリカ合衆国の市場を中心に起こった、インターネット関連企業の実需投資や株式投資が、実態を伴わない異常な高値になったことである。

Wikipediaより引用

ということらしいです。

もうすこし嚙み砕くと、パソコンやネットワークが普及してきたことによって生活が激変し、これからはITの時代だ!と多くの人が思い、ITの成長に期待した人たちがITの株をこぞって買いあさったようです。

この時のITに対する期待はすごかったようで、IT関係の企業であれば中身はどうであれどんどん投資金が集まって株価もどんどんと上がっていったようです。(実態を伴わない異常な高値)

ですが2000年に入ると流石に行き過ぎだという警戒感を持つ人が増え、ITバブルの崩壊へ繋がっていったようです。

決定的なトリガーとなった出来事があったという訳ではなく、多くの人々が危機感を感じ始めたことが大きな原因と呼べそうです。(細かく見ると他にも色々ありそうですが、大きくまとめるとこういうことになりそうです)

ITバブル崩壊を簡単にまとめると、

生活がITによって大きく変わり一大ブームとして盛り上がった後、多くの人々が冷静になった

スポンサーリンク


ということらしいです。

ITバブル崩壊はまたくるのか

ではITバブル崩壊はまたくるのでしょうか?

それは分かりません!

分かるのであれば投資家の人々は苦労していないです。

ただし2000年に発生したITバブルは多くの人の行き過ぎた期待によって、中身のないIT企業にもたくさんのお金が投資された背景があります。

実態を伴っていない企業でもITと名のついたものであれば、株価は異常な高値を付けていたということです。

では現在はどうでしょうか?

ITバブル崩壊後はしっかりと中身があり実態を伴っているIT企業は存続し、Google、Apple、Facebook、Amazonなど(まとめてGAFAと読んだりする)は米国のIT関連企業大手4社となっています。

今はIT関連企業が大きく成長し株価もどんどん伸びています。

このIT関連の株価が大きく伸びている事態を見て、第2のITバブルが訪れるという話も出てきています。

しかし、現状を中身のないIT企業でも株価がどんどんと伸びているような事態と言えるでしょうか?

たしかにIT関連の株価は大きく伸びていますが、今ではITは人々の認識に馴染んでいるのでITはよくわからないけどブームだから!と浮かれている人ばかりではないですし、実態を伴っている伸びのように感じます。

このことから、僕は第2のITバブル崩壊が訪れる確率はそこまで高くはないだろうとは思っていますが、結局は自己責任での判断になります。

さいごに

ITバブル崩壊は、「ITに対する異常な期待と盛り上がりによる実態を伴わない株価の高騰」によって引き起こされた出来事です。

現在の状況を「ITに対する異常な期待と盛り上がりで実態を伴わない株価の高騰」をしている!!!と思うのであれば、もしかすればITバブル崩壊の可能性が高いかもしれないので、第2のITバブル崩壊を警戒したほうがいいかもしれません。

スポンサーリンク


現在の状態を「株価は上がり続けているが、しっかりと実態を伴って上昇している」と思うのであれば、第2のITバブルについてはあまり警戒しなくてもよいのではないかと思っています。

僕個人の考えでは、IT関連株は実態を伴って上昇を繰り返していると感じているので、第2のITバブルにあまり警戒はしていませんが、これは自己責任でお願いします。

100%はないのでITバブル崩壊を起こす可能性ももちろんあります。

とここまで書いたのですが、結局最後は誰かに振り回されないためにも、自分でしっかりと調べて納得して行動することが重要だと思います!

FIRE、サイドFIREを目指す

早くFIREを達成したいと思うのであれば、稼ぐ力を伸ばすことが効果的です。
稼ぐ力については僕が具体的に収入をアップさせたシンプルな方法もまとめて記事にしています。

【実務経験なし】25歳で月収37万になった話【資格なし】

是非、参考にして収入アップも目指していただけたらと思います!

スポンサーリンク




株式投資でFIREするための銘柄選び【FIRE、サイドFIRE】前のページ

投資信託の基準価額とは?基準価額の見かた【FIRE、サイドFIRE】次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク

おすすめ記事

  1. 【魚を綺麗に捌きたい方向け】おすすめの包丁1選!【これを買え…
  2. 【全て実体験】実際に使って厳選した釣り竿3選!【初心者にもお…
  3. 【実務経験なし】25歳で月収37万になった話【資格なし】
  4. 【釣り方別】コスパ最高、スピニングリール5選!【初心者にもお…
  5. 【価格別】釣りに必須のクーラーボックス5選!【もってないのは…
スポンサーリンク

アーカイブ

お問い合わせフォーム

    スポンサーリンク
    1. 釣りいろいろ研究!

      フロロカーボンラインの選び方!釣り糸の特徴を知って選ぶ。おススメフロロラインも紹…
    2. 釣りいろいろ研究!

      【嫌われ者?】コノシロの食べ方。唐揚げもいいけど姿揚げも!
    3. 釣りいろいろ研究!

      ホウボウの卵と浮き袋の食べ方!捨てるのはもったいないほどの味。
    4. 釣りいろいろ研究!

      釣り竿の硬さとは?どの硬さを選べばいいの?
    5. 釣行日記

      千葉県でスッポンを釣る。10月初旬の挑戦!【スッポンは釣れるの?】
    PAGE TOP