こっそりサイドFIREを狙う

NISA、積立NISAとは?違いやおすすめは?【FIRE、サイドFIRE】

スポンサーリンク


※このカテゴリでは投資初心者がFIRE達成を目指して、日々勉強したことや知識、考え方などをまとめていきます。投資は自己責任で許容できるリスクの範囲内で行うようにしましょう。損失については責任は負えませんのでご了承ください。

株式投資で資産を運用する人には非課税制度というものが用意されているのをご存知でしょうか?

それがこのNISA、積立NISAなのですが普通に生活をしたのでは誰も教えてはくれません。

NISA、積立NISAは国が用意してくれている制度で使わないと損といえるほどに節税効果が期待できます。

場合によっては数百万円分の節税効果が見込めるので、株式投資を始めるならぜひ利用しましょう!

今回の記事は以下のような疑問がある方におすすめです。

  • NISA、積立NISAとは
  • NISA、積立NISAの違いとは
  • NISA、積立NISAのどちらがいいのか

この記事を読むことで簡単にNISA、積立NISAのことが理解できるようにまとめています。

※簡単な概要をまとています。複雑なことやロールオーバーなどは今回の記事では省きます。新NISAやロールオーバーについては以下の記事をご覧ください。

NISA、積立NISAとは

国が定めた非課税制度の一つ

NISA、積立NISAとは国が定めた非課税制度の一つです。

非課税制度を利用すると、本来は税として納めなくてはいけないお金を納めなくてよくなるのです。

株や投資信託にも税金がかかり、利益分の20.315%を税金として納めなくてはいけません。

例えば株で1000万円の利益を得た場合、ざっくり2割の200万円は税金としてとられ、800万円が手元に残ります。

もし、これを非課税制度のNISA、積立NISAで行っていたとすると

株で1000万円の利益がでたら、その1000万円には税金はかからずに、そのまま1000万円が手元に残ります。

NISA、積立NISAを利用したか、利用していないかでこんなにも差ができてしまいます。

スポンサーリンク


そんなことあるの!?と思ってしまうほどの節税効果ですが、ちゃんと国で定められているものなので利用しない手はありません。

うまく活用して資産運用を効率的に進めていきましょう!

NISA、積立NISAは口座の種類であり商品ではない

NISAを買うの?と思われるかもしれませんが、NISA、積立NISAは株や投資信託のように買うものではありません。

NISA、積立NISAは非課税の口座です。

株式などの取引きをする場合は、口座というものを指定しなくてはいけません。

一般口座、特定口座、NISA口座、積立NISA口座があります。

上記のどれかを選択しなくてはいけないのですが、一般口座、特定口座を指定して株式を購入すると、利益が発生した場合は利益の20.315%を税金として引かれます。

しかし、NISA口座、積立NISA口座を指定して株式を購入し利益が発生すると、利益から税金をとられることはなくすべてを受け取ることができます。

じゃあ全部NISA口座や積立NISA口座でいいじゃん!となりますが、そうはできないようになっています。

NISA口座や積立NISAを指定して購入できる金額はそれぞれ決められているので、それ以上の金額を投資する場合は一般口座か特定口座を使うことになるのです。

NISAと積立NISAは併用できない

NISA口座と積立NISA口座は併用できないことになっており、1人1つどちらかしか持てません。

これは証券会社を変えても複数持つことはできず、どこかの証券会社でしか持つことができません。

SBI証券でNISA口座を開設して運用している場合、楽天証券などでNISA口座や積立NISA口座を開設することはできないということです。

ただし、NISA口座が終了後に積立NISA口座を開設することは可能です。

NISA口座を開設して5年経ってなくとも、積立NISAに切り替えることもできます。

スポンサーリンク


しかしいずれも手続きが必要ですので、最初から自分のスタイルに合った非課税口座を作ることが一番簡単です。

NISA口座、積立NISA口座の違いを理解して選択するようにしましょう。

NISA、積立NISAの違い

NISA口座

NISA口座には以下のような特徴があります。

  • NISA口座で投資できる金額は年120万円
  • NISA口座で投資できる期間は5年間
  • 非課税期間は5年間
  • 比較的投資対象が幅広い(株式、投資信託、ETFなど)
  • 投資可能期間が2023年まで

NISA口座を指定して投資できる金額は1年間で120万円までです。

NISA口座を開設した年から5年間はNISA口座を指定して投資することができます。5年を過ぎるとNISA口座は指定できなくなってしまいます。

非課税期間も5年なので、株や投資信託を買った年を含め5年以内に売るとその利益にかかる消費税は免除されます。

株や投資信託を買った年から5年数えるので、

2021年に買った株や投資信託は2025年以内に売ると消費税が免除

2022年に買った株や投資信託は2026年以内に売ると消費税が免除

というように管理されます。

ちなみにNISA口座を指定して買うことができるのは2023年までとなっており、それ以降は新NISAと呼ばれる新しい制度に変更されます。

もちろんNISA口座を使っていたとしても、新NISAも利用できるので問題ないです。

ただ新NISAはNISAよりも選べる商品が少なってしまいます。

新NISAについては以下の記事です。

積立NISA

積立NISA口座には以下のような特徴があります。

スポンサーリンク


  • NISA口座で投資できる金額は年40万円
  • NISA口座で投資できる期間は20年間
  • 非課税期間は20年間
  • 投資対象が絞られる(投資信託、ETFなど)
  • 投資可能期間が2042年(2037年までだったが改正によって延長)

積立NISA口座を指定して購入できる金額は1年で40万円が最大です。

積立NISA口座を開設した年から20年間は積立NISA口座を指定して投資することができます。20年を過ぎると積立NISA口座は指定できなくなってしまいます。

非課税期間も20年なので、株や投資信託を買った年を含め20年以内に売るとその利益にかかる消費税は免除されます。

株や投資信託を買った年から20年数えるので、

2021年に買った投資信託は2040年以内に売ると消費税が免除

2022年に買った投資信託は2041年以内に売ると消費税が免除

というように管理されます。

NISA、積立NISAのどちらがいいのか

NISA口座、積立NISAのどちらがいいのかは、投資スタイルによって変わってきます。

それぞれどのような人におススメなのかをリストアップします。

NISAがおススメな人

  • 年間120万円投資できる資金がある
  • 広い投資対象(株、投資信託、ETFやレバレッジ系など)から商品を選びたい
  • 資産を早く増やしたい(5年と短期中期なのでリスクは上がる)
  • 投資について経験や知識がある、もしくは高める気がある

積立NISAがおススメな人

  • 年間120万円は投資できないが、年間40万円なら投資できる資金がある
  • 投資対象の候補は絞られている方が選びやすい(投資信託、ETF)
  • 長期で積み立ててリスクを減らしたい(10年、20年と長期でみるとリスクは下がる)
  • 投資について経験や知識があまりない

ざっと上記のような投資スタイルの人にそれぞれ向いていると思います。

まず、年間120万円も投資にまわすお金がないけど年間40万円程度投資する資金があるのであれば積立NISA一択です。

株や投資信託は10年や20年といった長期で見ると成績は安定する傾向が高いですが、5年という期間だと下落相場に巻き込まれた場合に回復しきれない場合があります。

NISAの方が運用期間が短いので少しリスクが高く、せっかく用意されている非課税枠も使いきれないのであればNISAにする必要性は低いです。

次に個別株などを自分で選んで投資していきたい人や、広い範囲の商品を選びたい場合にはNISAがよいです。積立NISAは国が定めた基準を満たした投資信託やETFにのみしか投資ができません。

逆に言えば、積立NISAは国が認めた商品ということなので多少なりとも安心して積立できるという言い方もできます。

スポンサーリンク


上記のことも含め、長期運用するほうがリスクが低いので、リスクをできるだけ避けたいのであれば積立NISAがおススメです。

さいごに

NISAも積立NISAもどちらも非課税制度で使わない手はないです!

もし、投資に初めて挑戦するのであればまずは積立NISAをおすすめします。

1年で40万円ずつ長期で積み立てることで、もちろん選ぶ商品にもよりますが高い確率で資産の増加が見込めます。

それに加えて、NISAは2023年で終了し新NISAというものが新しく出ます。

このときにロールオーバーと言ってNISA口座で保有していた株や投資信託を新NISAにそのまま移行できるなどあるのですが、これが面倒くさい!と感じる場合は積立NISAでスタートしてもいいかもしれません。

その人の投資スタイルによるので、自分にはどちらがあっているかをしっかりと理解して選びましょう。

もちろん1年ごとに切り替えることはできますが、手続きが必要になりますので最初から適切な方を選んでおいたほうが後々楽になってくるはずですよ!

もっと詳しく知りたい、新NISAについて知りたい方は以下の記事も参考にしてみてください!

FIRE、サイドFIREを目指す

早くFIREを達成したいと思うのであれば、稼ぐ力を伸ばすことが効果的です。
稼ぐ力については僕が具体的に収入をアップさせたシンプルな方法もまとめて記事にしています。

【実務経験なし】25歳で月収37万になった話【資格なし】

是非、参考にして収入アップも目指していただけたらと思います!

スポンサーリンク




資産運用に株式投資を選んだ理由。【FIRE、サイドFIRE】前のページ

新NISAとは?ロールオーバーできない銘柄も【FIRE、サイドFIRE】次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク

おすすめ記事

  1. 【魚を綺麗に捌きたい方向け】おすすめの包丁1選!【これを買え…
  2. 【全て実体験】実際に使って厳選した釣り竿3選!【初心者にもお…
  3. 【実務経験なし】25歳で月収37万になった話【資格なし】
  4. 【釣り方別】コスパ最高、スピニングリール5選!【初心者にもお…
  5. 【価格別】釣りに必須のクーラーボックス5選!【もってないのは…
スポンサーリンク

アーカイブ

お問い合わせフォーム

    スポンサーリンク
    1. 釣りいろいろ研究!

      魚の熟成。鱗はとる?とらない?【傷みやすくなる?】
    2. 釣りいろいろ研究!

      アカエイの臭いを発生させないための考察~サメ、エイを美味しく食べたい~
    3. 釣りいろいろ研究!

      アンチョビの作り方。意外と簡単!カタクチイワシ(セグロイワシ)が手に入ったら作っ…
    4. 釣りいろいろ研究!

      月島、隅田川で釣ったシーバスを食べる!味や臭いは、、、【以外とイケる?】
    5. 釣りいろいろ研究!

      リールの糸の巻き方!下糸、下巻きってなに?釣りの基礎知識!
    PAGE TOP