こっそりサイドFIREを狙う

FIRE達成に投資信託、ETFが最適と考える理由【FIRE、サイドFIRE】

スポンサーリンク


※このカテゴリでは投資初心者がFIRE達成を目指して、日々勉強したことや知識、考え方などをまとめていきます。投資は自己責任で許容できるリスクの範囲内で行うようにしましょう。損失については責任は負えませんのでご了承ください。

FIRE、サイドFIREを達成するために、個人的には投資信託やETFへの投資が個人的には最適だと考えています。

投資する方法は他にもたくさんありますが、なぜ自分は投資信託やETFを選んだかを改めて考え直してみようと思い記事にまとめました。

他の投資法について色々調べたときの記事は以下です。

今回の記事は以下のような疑問がある方におすすめです!

  • FIREを達成するために投資信託、ETFを選択するメリットはなにか

投資の方法は無数にありますが、自分でしっかりとメリットやデメリットを理解したうえで行うようにしましょう!

今回は僕が投資信託、ETFに感じているメリットをまとめてみます。

FIREを達成するために投資信託、ETFを選択するメリット

分散投資が簡単にできる

株や投資信託を行う際は長期、積立、分散投資が王道とされています。

投資信託やETFは様々な会社の株を詰め込んだパッケージ商品のようなもので、その商品に投資をすることで間接的にパッケージに含まれている会社すべてに分散投資をしている状態になります。

例として全世界の約3000銘柄に投資できる「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」の株式の比率を見てみましょう。(この比率はタイミングによって変化します。)

「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」に投資をするだけで、上記の49か国、約3000の会社へ投資していることと同じになる、という投資信託です。

1つの商品に投資をするだけで、勝手に分散投資をしてくれるのでリスク管理にも繋がります。

同じ投資信託でもアメリカの企業に絞って分散投資を行う「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」では、以下のようにアメリカの企業のみに絞って分散投資をしてくれます。(こちらも比率はタイミングによって変化します。)

投資信託によって投資先が異なるので特色は変わりますが、一つの商品に投資をするだけで分散投資を勝手に行ってくれるのは大きなメリットになりますね。

僕は上記のような全世界か米国株に分散投資できる投資信託を中心に資産運用をしています。

スポンサーリンク


長期で株価は上がり続けている

全世界や米国へ分散投資を行うということは、人類が今後も経済成長していくことへ投資していることに繋がっていると考えています。

今まで人類は経済成長を続けてきましたし、これからも長期でみると経済成長は続くと考えられ、それに伴い株価も長期では伸び続けると予想できます。

もし暴落が起きたとしても年月が経てば、経済は元に戻り成長を続けていることは歴史を見るとわかります。

以下、アメリカの代表的な株価指数S&P500の株価の推移です。

https://www.kabutore.biz/より引用
  • 2000年頃:ITバブル崩壊
  • 2008年頃:リーマンショック
  • 2020年頃:コロナショック

上記のタイミングで大きく値段を下げているのが読み取れます。

同時にこのような問題で値段が大きく落ち込んでも時間をかけて回復し、長期でみると値段は上がり続けていることも分かります。

むしろ暴落時にもしっかりと積立を続けれた人は、ドルコスト平均法の効果を受けることができたのでより大きく資産は成長していると言えます!

このような指標に連動する全世界や米国へ投資することは投資信託やETFへの投資で簡単に行うことができ、長期目線でみるとこれからもどんどん株価は伸び続けていくと考えられます。

もちろん今までがそうだったからこれからも絶対そうなる!という話ではなく、そうなる可能性が高いだろうという予測にすぎません。

それでもデータに裏付けされているので判断材料としては使えると思います!

もし全世界や米国のインデックスが落ち込んで上昇することはないといった経済状況になるとしたら、その時はどの株をやっていたとしてもほぼ勝つことはないと思ってもいいレベルの話なので諦めましょう、、、

再現性が高い

再現性というのは、誰でもマネできることをすることで同じ結果にたどり着けるということです。

以下に2つの例を挙げます。

①個別株に100万円を投資して、1年後に株価が10倍になったから売って1千万を手に入れた人

②毎月5万円を投資信託に積立投資して、20年後に1千万を手に入れた人

スポンサーリンク


どちらがマネできそうかと聞かれれば、僕は②だと思います。

①は10倍になる個別株がどれかはそもそも分かりませんし、相場を把握できるほどの分析力もないので①のようなことは僕にはマネできそうにありません。

もちろん個別株の会社の業績が悪く、株価が半分になって戻ってこないリスクもあります。

②はどうでしょうか。

毎月ひたすら5万円を投資信託に積立投資をするということです。

これなら頑張ればマネができると思います。

そして全世界株式や米国に投資できる投資信託などであれば、上項でも述べた通り一時暴落しても持ち続ければいつかは回復してくると予想できます。

①よりは②の方が実現する可能性がはるかに高いです。

お金を増やす方法があるとしても、マネできない方法の話を聞いても全く参考になりません。

投資信託、ETFに積立投資をするということは誰でもマネができ、再現性が高いのである程度は運に左右されない堅実な方法だということです。

さいごに

上記の理由で、リスク管理、長期でみたときの成長性、再現性の点からみても全世界や米国に分散投資できる投資信託やETFは大きなメリットをもっていると思います。

さらにFIREを達成する4%ルールは株式投資への投資を前提に研究されたものですので、4%ルールを実行するのであれば投資信託、ETFへの投資が最適ということです。

個別株で一発当てる、といったロマンはないですが自分の大切な資産をじっくり育てるのにはこれ以上ないと思います。

投資信託にはアクティブファンドとインデックスファンドがありますが、特にこだわりたい理由がない場合は僕はインデックスファンドがおすすめです!

こつこつと毎月積み立てて、暴落時にも慌てずに積立を続けるのが全世界株、米国株の投資信託、ETFの王道パターンですので地味ですがしっかりとやっていくのがおススメです。

スポンサーリンク


この考えについての知識や理解をより深めたいのであれば「投資の大原則」という本がシンプルで分かりやすかったので読んでみてください!

FIRE、サイドFIREを目指す

早くFIREを達成したいと思うのであれば、稼ぐ力を伸ばすことが効果的です。
稼ぐ力については僕が具体的に収入をアップさせたシンプルな方法もまとめて記事にしています。

【実務経験なし】25歳で月収37万になった話【資格なし】

是非、参考にして収入アップも目指していただけたらと思います!

スポンサーリンク




投資本「投資家の父より 息子への13の遺言」を読んだ感想。【FIRE、サイドFIRE】前のページ

投資信託とETFの違いは?どっちがいい?【FIRE、サイドFIRE】次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク

おすすめ記事

  1. 【魚を綺麗に捌きたい方向け】おすすめの包丁1選!【これを買え…
  2. 【全て実体験】実際に使って厳選した釣り竿3選!【初心者にもお…
  3. 【実務経験なし】25歳で月収37万になった話【資格なし】
  4. 【釣り方別】コスパ最高、スピニングリール5選!【初心者にもお…
  5. 【価格別】釣りに必須のクーラーボックス5選!【もってないのは…
スポンサーリンク

アーカイブ

お問い合わせフォーム

    スポンサーリンク
    1. 釣りいろいろ研究!

      サビキ釣りってどうやるの?やり方から釣れる魚を紹介!
    2. 釣りいろいろ研究!

      釣りでも漁業権には注意が必要!?
    3. 釣りいろいろ研究!

      魚の氷締め!血抜きは必要?
    4. 釣りいろいろ研究!

      クーラーボックスへの魚の入れ方!釣りで魚を美味しく持ち帰る方法!
    5. 釣行日記

      青森に帰省!青森でアイナメを狙う!
    PAGE TOP