こっそりサイドFIREを狙う

FIRE達成のポートフォリオ。年齢別でリスク管理【FIRE、サイドFIRE】

スポンサーリンク


※このカテゴリでは投資初心者がFIRE達成を目指して、日々勉強したことや知識、考え方などをまとめていきます。投資は自己責任で許容できるリスクの範囲内で行うようにしましょう。損失については責任は負えませんのでご了承ください。

投資においてポートフォリオとは幅広く使われる言葉で、どのような資産をどのように配分しているかを表すものです。

株だけで組んだポートフォリオや、色んな金融商品を組み合わせたポートフォリオなど、様々で人によっても全く違うポートフォリオになります。

ポートフォリオの大きな役目として、リスク分散の観点があります。

1つの株に100%投資をするのではその会社の業績に大きくリターンが左右されてしまいます。

ですので、10の企業に10%ずつ投資をすると決めたとをすると、以下のようなポートフォリオが完成します。

これで立派なポートフォリオです!

さて、ではFIRE達成を目指すにはどのようなポートフォリオがいいのでしょうか?

今回の記事では以下のような疑問がある方におすすめです。

  • FIRE達成を目指すポートフォリオとは
  • 年齢でポートフォリオを見直した方がいい理由
  • 年齢別のおすすめポートフォリオ

是非参考として読んでみてください!

FIRE達成を目指すポートフォリオとは

FIREを達成するということはまず、生活費25年分の資金を作るといったことでしたね!

なぜ!?という方は以下の記事を参考にしてみてください。

米国の代表的指数S&P500へ生活費25年分の投資をしていたとすると、年間平均成長率やインフレ率を考慮しても、年4%ずつ切り崩していけば資産は30年後でも95%の確率で維持されているとの研究結果が出ました。むしろ多くのパターンで資産は増えています。

この時の想定はS&P500への投資なので、S&P500インデックスファンドへの投資ととらえることができ、ポートフォリオは以下になります。

シンプルになりましたね(笑)

スポンサーリンク


ですが、インデックスファンドは1つでたくさんの企業にまとめて投資ができるので、上記では500社への分散投資を行っていることと同じです!

500社への分散投資を行っているなんて立派なポートフォリオです。

理論上はこれでFIREできる想定ですので十分なのですが、もし米国が不景気になって株が下がったらどうしよう、、、などリスクが気になる場合もあると思います。

そんなときは株に100%を投資するのではなく、株と債権に資産を分配するポートフォリオを考えるとよいでしょう。

どのような比率で株と債権に分配するのは年齢によって使い分けたほうが良いと僕は考えます。

年齢でポートフォリオを見直した方がいい理由

年齢でポートフォリオを見直し、株と債権の比率を変えていったほうがいいと僕は思っています!

その理由はすばり、リスク管理のためです!

分散投資をしてリスク管理をして、年齢でポートフォリオを変えてリスク管理して、とリスクにそなえてばかりですがとにかくリスクをコントロールするというのはFIREを安定させるためには必須です。

年齢が若いうちは多少リスクをとってうまくいかなかったとしても、バリバリ労働をして資金を工面したり、まだまだ巻き返せるパワーがあります。

年齢をとっても巻き返せない訳ではないですが、やはり若い頃と比べるとパワーも体力も無限にあるわけではないです。

ですので、年齢をとるにつれてリスク管理をより厳重にしていくことが重要だと考えます。

そのためにもポートフォリオの見直しを行うことによって年齢で取るリスクを管理するとよいでしょう。

若いときは適正なリスクで資産運用を行い、年齢が上がるにつれてリスクを徐々に下げて堅牢な運用の比率を上げるなど自分に合ったポートフォリオをその都度組んでいきましょう!

年齢別のおすすめポートフォリオ

ポートフォリオはその人の取れるリスクを考慮して組むのがよいですが、一例として年齢別のおすすめポートフォリオを紹介します。

今回は投資対象としては株式と債券の2つに分散投資を行い、リスク管理をします。

スポンサーリンク


債券は安定した利子を受け取ることができ、償還日には貸し付けた額面通りの金額が変換されるものです。

株式よりも安全性が高いのが特徴です。

その分株式よりもリターンは低くなる傾向があるのですが、これと株式を組み合わせたポートフォリオを組むことでリスクをコントロールすることが可能です。

株式と債券の比率を変えることでリスク管理をするということは覚えておいて損はないでしょう。

以下、年齢別での株式、債券の比率の表です。資産運用をする際の一つの参考にしてください!

年齢層株式の比率債券の比率
20-30代100%0%
40代85-10010-0
50代75-8525-15
60代70-8030-20
70代40-6060-40
80歳以上30-5070-50

年齢が上がるにつれて、債券の比率を増やしています。

20代や30代はバリバリ体力があり柔軟に動けるので、リターン重視の株式100%の運用でいいと考えます。

逆に70歳や80歳となると、少し労働するには大変な年齢になってくるので債券を50%程度保有してより安定性をとるといった考え方です。

ただし、株式と債券でポートフォリオを組み、リスク管理をする場合に少し問題点があります。

問題点

例えばS&P500の場合、年のリターンは平均7%程度です。

債券はモノによって利回りが変わってきますが、ここでは2%~3%程度とします。

4%ルールを適用する前提として、S&P500のインデックスファンドに投資をしていることと言いました。

つまり年リターンが平均で7%あるS&P500であるから、生活費25年分の資産でFIREできるということです。

もし3%の債券のみで同じようにFIREしたいと考えると、生活費50年分以上の資産が必要になってしまいます。

債券を増やすことで安全性を高めリスクを抑える代わりに、より多くの元金が必要になってしまうのです。

スポンサーリンク


これを解決する方法としては大きく2つあります。

解決方法1

そもそも4%ルールでは30年後も95%の確率で資産は維持されていて、多くのパターンで資産が増えているという結果が出ています。

「多くのパターンで資産が増えている」これを使いましょう。

もし、5000万円をS&P500に投資をしてFIREを実行したとします。

4%ルールを適用して年200を引き下ろすと資産は4800万円になります。

1年後、想定通りであれば投資しているS&P500は元の5000万まで戻っているはずです。

もし、ここで元の5000万をオーバーして5100万まで資産が増えていたとします。(多くのパターンで資産は増えているので5000万以上になる確率も低くはないです)

5100万に4%ルールを適用するのであれば204万円を引き下ろすことができます。

ですが元々5000万だった資金が5100万になっているので、差分の100万円分の株は売ってしまい、株式を5000万にして4%ルールを適用し200万を生活費として引き下ろします。

この差分として得た100万円で債券を買うという方法です。

株式で複利の効果が使えなくなってしまうのはもったいないですが、株式が好調な時に一部を売り、債券を購入するこの方法は年齢が上がるにつれて債券の比率を増やしていく考えから見ると合理的です!

解決方法2

こちらはもっとシンプルで、サイドFIRE状態で好きな仕事や副業をするということです。

仕事したくないからFIREしたのに!と思うかもしれませんが、誰にも命令されずに好きにできる仕事や副業だったら生活費を稼ぐための労働より、はるかに楽しいはずです。

そしてこの時に得た収入で債券を購入していくという方法になります。

さいごに

FIREを実行に移すときには結構リスクのことを考えてしまう方も多いと思います。

スポンサーリンク


そんな時は自分でリスクをコントロールできるように、ポートフォリオを組んで対策をしましょう!

資産が増えたから生活を豪華にしよう!というのも悪くはないのですが、順調なときにこそしっかりと土台を固めていくのが賢いやり方です。

今回の考え方はFIREに限らず、資産運用全般に言えることです。

リスクは自分で管理していく、これを忘れずに資産運用していきましょう!

FIRE、サイドFIREを目指している方へ

FIRE、サイドFIREを目指すのであればお金に関する力と知識を磨く必要があります。

特に早くFIREを達成したいと思うのであれば、稼ぐ力を伸ばすことが効果的です。

稼ぐ力については僕が具体的に収入をアップさせたシンプルな方法もまとめて記事にしています。

【実務経験なし】25歳で月収37万になった話【資格なし】

是非、参考にして収入アップも目指していただけたらと思います!

スポンサーリンク




投資信託のインデックス投資がおすすめな4つの理由【FIRE、サイドFIRE】前のページ

ポートフォリオのリバランスとは?なぜ効果はあるの?【FIRE、サイドFIRE】次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

  1. 【魚を綺麗に捌きたい方向け】おすすめの包丁1選!【これを買え…
  2. 【全て実体験】実際に使って厳選した釣り竿3選!【初心者にもお…
  3. 【実務経験なし】25歳で月収37万になった話【資格なし】
  4. 【釣り方別】コスパ最高、スピニングリール5選!【初心者にもお…
  5. 【価格別】釣りに必須のクーラーボックス5選!【もってないのは…
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーカイブ

お問い合わせフォーム

    スポンサーリンク
    1. 釣りいろいろ研究!

      釣り竿の硬さとは?どの硬さを選べばいいの?
    2. こっそりサイドFIREを狙う

      為替の円高、円安の基準は?【FIRE、サイドFIRE】
    3. 釣りいろいろ研究!

      釣りのリールに注油は必要?オイルとグリスの使い分け方!
    4. オオクワガタについての小言

      使い終わった菌糸瓶はどうする?菌糸は産卵床や腐葉土に!
    5. 釣りいろいろ研究!

      魚の基本の下処理!そのまま料理も保存もOK!
    PAGE TOP