こっそりサイドFIREを狙う

FIRE、サイドFIREの意味と違いとは?【メリット、デメリット】

FIRE、サイドFIREとは?

最近、よくきく「FIRE」とはライフプラン、生き方の1つの考え方です。

Financial Independence, Retire Early

の頭文字をとった言葉で直訳すると

経済的自立、早期退職

となります。

つまり、生きていく中で必要なお金(資金)を早くに作ってしまい、生活のために働かなくてはいけない状態を抜け出そうということです。

もう一つ、「サイドFIRE」という考え方もありこちらは「FIRE」するだけの資金を作るのではなく、今までの収入の一部を工面できるだけの資産を作り、残りの部分は週に2回仕事をしたりして補うといったライフスタイルの事を指します。

労働の仕事を主に置くのではなく、副業にしてしまおうという考え方ですね。

この「FIRE」と「サイドFIRE」にはそれぞれメリット、デメリットがあるのでそれを知り、自分にとってはどっちが合っているのかを考えるといいかもしれません。

FIRE、サイドFIREの違い、メリットデメリット

まずはそれぞれの大きな違いを項目毎に見ていきます。

FIRE

  • 必要資金 : 多い
  • 自由な時間 : いつでも自由

サイドFIRE

  • 必要資金 : 比較的少ない
  • 自由な時間 : 週2〜3日の労働が必要

サイドFIREの方が必要な資金は減る代わりに、完全に仕事をしない!というのは少し難しくなります。

資金が少ないので当たり前ですね。

これだけをみると完全にFIREの方がいいじゃん!と思うかもしれませんが、サイドFIREにもメリットはあります。

上記の違い加味した上で、サイドFIREのメリットを挙げると

  • FIREより早く実現できる
  • 社会との繋がりを保てる
  • 資産運用をしている場合、暴落への対応がしやすい

一つずつ見ていきます。

FIREより早く実現できる

これは単純に必要な資金が減るためです。

FIREの想定の資金の半分ぐらいでサイドFIREは十分可能だと思います。

単純に計算すると、もしFIREの資金を作るのに20年かかるとしたら、サイドFIREは10年で達成できるといったことになります。

サイドFIREでも週5の労働に比べれば身体的、精神的にもだいぶ楽になると思いますし、気持ちにも余裕が出てくると思います。

社会との繋がりを保てる

結構これが大きいという話も聞きます。

経営者の知り合いの方からも、仕事をしないとやることがなくて暇という話を結構ききます。

うらやましい悩みですね(笑)

仕事をしてやりがいを感じれないと社会に必要とされていない感じが辛いなど、お金がある人はお金がある人で悩みがあるみたいです。

仕事も程よく無理しない程度でできるというのはメリットに繋がる場合も結構あるということです。

資産運用をしている場合、暴落への対応がしやすい

FIREのやり方もいくつかあるのですが、これは資産運用をしてその資産の一部を切り崩し生活費に充てている場合に当てはまります。

詳しい説明は複雑になるので別の機会にしますが、例えばインデックスファンドへ投資をして、その資産の一部を取り崩してサイドFIREをしているとします。

インデックスファンドは長期的に見るとかなり安定して利益を出してくれるので、正しく運用すれば資産運用の強い味方になってくれます。

しかし、世の中の景気が大きく落ちてしまう出来事(リーマン・ショックや、最近ならコロナの流行など)、があるとインデックスファンドの価格が下がってしまう(暴落)場合があり、この時に運用資産を切り崩すことはとってももったいない、下手すれば寿命が尽きる前にに資産が尽きてしまうことに繋がりかねません。

とりあえず、そういうものなんだと思ってもらえれば大丈夫です。

このときに資産を長生きさせる方法は、運用資産を切り崩さずに生活する、ということになるのですがサイドFIREだと仕事からの収入があるので、節制を頑張るか、仕事量を増やす事で生活費を工面できます。

全く仕事をしていない場合より、仕事をして慣れているはずなので暴落時には資産を切り崩さずに生活費の工面がしやすいという訳です!

ちなみにインデックスファンドは暴落しても過去のデータをみると永遠に下がる訳ではなく、2〜3年程度で下げ止まり、その後時間がかかっても徐々に回復しています。

ですのでインデックスファンドの価格が暴落前に戻るまでの2年~5年ぐらい(過去データで見た場合このくらい)は労働収入で耐えるといった方法が資産を長生きさせる最善策になるということです。

ちなみにFIREを達成できる条件の人でも、暴落相場が起きたらどうしようと怖気づいてしまいFIREする勇気がない、、、という人も少なくないらしいので、まずは労働の仕事を半分続けながら自由な時間を得ることができるサイドFIREをしよう。という考え方はリスクの低減にも繋がるかもしれませんね。

自分に合うのはFIREかサイドFIREか

もちろん資金力があればFIREで気が向いたときに仕事をすればいいですが、サイドFIREにもメリットがありますということでした。

特に暴落時に対応しやすくなるのは、僕としては大きなメリットだと思っています。

もちろんサイドFIREを行いながら、資産を育てていきFIREに移行するといったことも可能です。

僕自身はサイドFIREを実現させて、好きな仕事をしながらFIREまで行きたいと考えていますが、とにかく全速力で資金を作ってFIREするんだ!というのもアリだと思います!

それぞれ自分に合ったライフスタイルを実現するために努力していきましょう!

で、具体的に何をすればいいの?という方はまずは自分の資産運用のスタイルを決めましょう。

選択肢を知っておくことは重要です。

その中で自分の目標に合った資産運用方法を実施して、勉強するのが良いと思います。

僕は株式投資をおススメしたいですが、ここは目標、許容できるリスクなど人によるので気になる方はもっと色々を調べてみてから決めてみてください。

こっそりFIRE(サイドFIRE)を狙う前のページ

FIRE、サイドFIREを達成する方法。【パターン別】次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール

Tkk

青森県出身、SEの27歳。

仕事に打ち込みすぎて疲れ、なぜかオオクワガタの飼育をはじめてみた。

あと釣りもはじめてみた。



お問い合わせフォーム

    1. 釣りいろいろ研究!

      シロギスを釣ろう!キス釣りに最適な釣り糸、釣り竿は?
    2. 釣りいろいろ研究!

      タコ釣りは違法?禁止されている場所も多いので注意!
    3. こっそりサイドFIREを狙う

      FIRE、サイドFIREをするには貯金、資金がいくら必要?【最低金額は?】
    4. オオクワガタについての小言

      オオクワガタを捕まえる!ライトトラップの基本や注意したいこと
    5. 釣りいろいろ研究!

      アンチョビの作り方。意外と簡単!カタクチイワシ(セグロイワシ)が手に入ったら作っ…
    PAGE TOP