釣行日記

月島、隅田川で釣ったハゼを食べる!

スポンサーリンク


先日は月島でシーバスを釣って食べました!

11月と冷え込む季節でしたが、無事釣ることができました!

そんなときに青イソメを投げておいたらハゼも釣れたので、ハゼのポイントや食べた感想も書いておこうと思います!

月島のハゼの狙い方とポイント

ハゼを釣ったポイントはシーバスとほぼ同じ場所です。

上のシーバスを釣った記事に場所を書いているのでよければ参考にしてみてください。

狙い方はボトム付近に餌を落としておくだけととてもシンプルで簡単です!

ウキを使ってもいいですが僕は脈釣りと呼ばれる、仕掛けは重りと針とエサという簡単な方法が好きでやっています!

ハゼは昼行性なので基本お昼に釣ります!
釣ったのは11月、12月ですが、この時期ハゼは深い場所に向かっていく頃で数は狙えませんがサイズが狙えます!
よく落ちハゼと呼ばれていますね!

ハゼは釣りやすくておすすめです!

ハゼの味は!?

ハゼは江戸前では高級品であったと言われ、見た目からは想像できないほど、淡白で上品な味をしています!

ハゼは白身の魚で天ぷらが代表的ですが、刺身や煮付けなどでも美味しく食べることができます。

今はハゼを売っているところはあまり見かけないので、ハゼは釣り人の特権ですね!

今回はサイズもそこそこなのでハゼ料理の代表格の天ぷらにしていきます!

ハゼのさばき方

ハゼを天ぷらにするときは背開きにします。
別に決まりはないのですが、ハゼの天ぷらは背開きだという流れがあるみたいなので、ひとまず長いものには巻かれていくスタイルで背開きにしていきましょう!

まずは鱗を落として頭を落としていきます!

スポンサーリンク


写真のように胸ビレの下から包丁を入れて半分まで切り込みを入れます。
裏も同様に切り込みを入れたら、背骨を断ち切りましょう。

そして頭を引っ張ってとり、お腹を下から押すと内蔵が出てくるので取り除きましょう。
普通、魚はお腹を開くのですが背開きの場合はお腹を開かずにこのようにして内蔵をとってしまいます!

次に背骨に添うように包丁を入れて、お腹の皮が一枚残るくらいまで切れ込みを入れます。
片側が終わったら、反対側も同じように包丁を入れていくと、骨の部分だけが掴めるように残ります。
この骨の部分は切り取って、骨せんべいにしちゃいます。

お腹の黒い部分が気になるようだったら、キッチンペーパーなどでゴシゴシすると綺麗にとることができます。

これで背開きの完成です!

これを揚げると、、、
天ぷらの完成です!

骨は素揚げで骨せんべいに!


画質荒め、、、汗

ハゼも場所によっては泥臭かったりするらしいのですが、そんなこともなく美味しく頂きました!

ごちそうさまでした!

おすすめ記事

【全て実体験】実際に使って厳選した釣り竿3選!【初心者にもおすすめ】
【釣り方別】コスパ最高、スピニングリール7選!【初心者にもおすすめ】
【価格別】釣りに必須のクーラーボックス5選!【もってないのはNG】
【魚を綺麗に捌きたい方向け】おすすめの包丁1選!【これを買え!】

スポンサーリンク




魚は寝かせると美味しくなる!?どうやって寝かせる?神経締めは必須?前のページ

11月の有明西ふ頭公園で釣り!シーバス?あの毒魚も?次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク

おすすめ記事

  1. 【魚を綺麗に捌きたい方向け】おすすめの包丁1選!【これを買え…
  2. 【全て実体験】実際に使って厳選した釣り竿3選!【初心者にもお…
  3. 【実務経験なし】25歳で月収37万になった話【資格なし】
  4. 【釣り方別】コスパ最高、スピニングリール5選!【初心者にもお…
  5. 【価格別】釣りに必須のクーラーボックス5選!【もってないのは…
スポンサーリンク

アーカイブ

お問い合わせフォーム

    スポンサーリンク
    1. 釣りいろいろ研究!

      ナイロンラインの選び方!釣り糸の特徴を知って選ぶ。おススメナイロンラインも紹介!…
    2. 釣りいろいろ研究!

      クロスキャスト4000と4000QDのレビュー【替えスプールは付属する?】
    3. 釣りいろいろ研究!

      シーバスは冬でも釣れるのか?
    4. 釣りいろいろ研究!

      PEラインの選び方!釣り糸の特徴を知って選ぶ。おススメPEラインも紹介!
    5. 釣りいろいろ研究!

      サッパは酢漬けで!寄生虫はどうする?【サッパヤドリムシ】
    PAGE TOP