【釣りにおすすめクーラーボックス2選】選び方を完全解説!【初心者にもおすすめ】

魚釣り用のクーラーボックスが欲しいんだけど、、、
クーラーボックスは値段が違うと何が違うの?
おすすめのクーラーボックスを教えて!

釣りで獲った魚を美味しく食べるためには、クーラーボックスが欠かせません。

しかし、初めての釣りでクーラーボックスを使う人にとっては、どのような種類のクーラーボックスを選べばよいのか、また使い方や注意点はどのようなものなのか不安に感じることも多いはずです。

そこでこの記事では「魚釣りに向いているクーラーボックスはどのようなものか」「おすすめのクーラーボックスはどれか」について詳しく解説していきます。

オオクワくん
オオクワくん

さっそくみていこう!

釣りに必要なクーラーボックスの選び方

釣った魚を美味しく食べるためにはしっかりと保冷する必要があります。

そのためにも保冷性に優れたクーラーボックスを選ぶことは大切です。

そこも踏まえた上でクーラーボックスの選び方として重要なポイントを挙げていきます!

サイズの選び方

クーラーボックスのサイズ選びは非常に重要です。

小さすぎると魚を収容できず、大きすぎると移動時にかさばってしまいます。

初めてクーラーボックスを選ぶ場合は、10l〜15l程度の小型サイズをおすすめします!

このサイズならば釣り場で手軽に持ち運べるうえ、よほど大きな魚を狙うのでなければ十分な容量があります。

オオクワくん
オオクワくん

僕は陸地からの釣りがメインですが、今までこのサイズで困ったことはありません!

また小型サイズであれば保冷がしやすい、価格を抑えやすいというメリットもあります!

10L~15Lのサイズでも、少し窮屈だけど40cm程度のヒラメならちゃんと入るよ!

コクワくん
コクワくん
オオクワくん
オオクワくん

50cmほどのシーバスも問題なく入れることができます!

保冷性能について

保冷性能は、素材や構造によって異なります。

クーラーボックスに使われている断熱材は主に、発泡スチロール、発泡ウレタン、真空断熱パネルの3種類です。

それぞれの特徴をまとめてみると以下のようになります。

発泡スチロール発砲ウレタン真空断熱パネル
保冷力低い普通~高い高い
価格安価安価~普通高価

これら素材の中でも、発泡ウレタン(ポリウレタンフォーム)は十分な保冷性能を持ち、強度も高く軽量であるため、多くのメーカーが採用しています。

発泡スチロールは低価格であることが特徴ですが、保冷性能がやや劣ります。

真空パネルは高い保冷性能を持つことが特徴ですが、その分高価です。

この中でコスパ的におすすめな素材としては発泡ウレタン(ポリウレタンフォーム)が挙げられます!

オオクワくん
オオクワくん

多くのメーカーが採用している素材だね!

保冷力、強度、価格、軽さなど様々な面でみてもクーラーボックスに最適な素材で、釣りで使用するクーラーボックスとしては発泡ウレタン(ポリウレタンフォーム)のもので全く問題ありません!

今後も長く使っていけるものですので、多少値段が高くても発泡ウレタン(ポリウレタンフォーム)以上のクーラーボックスをおすすめします!

持ち運びのしやすさ

クーラーボックスを選ぶ際に、持ち運びやすさも重要なポイントの一つです。

特に釣りで使用する場合は移動が多いため、重たいクーラーボックスや持ち運びにくいクーラーボックスだと疲れとストレスの元になってしまいます。

大型のクーラーボックスであればキャスターを装備しているものを選ぶなどの必要がありますが、先ほどサイズのところでおすすめした10l〜15l程度の小型サイズのクーラーボックスであれば、持ち運びもしやすいサイズになっています!

オオクワくん
オオクワくん

持ち運ぶことを考えても10l~15lぐらいのサイズが一番使い勝手がいいのでおすすめです!

魚釣りにおすすめのクーラーボックス2選!

魚釣りのおすすめのクーラーボックスを2つに厳選して紹介します!

それぞれの商品のメリットデメリットなどや、どんな人におすすめかをまとめていきます!

口コミについても紹介していきますので、どんなクーラーボックスがいいか迷っている方はぜひ参考にしてみてください!

ダイワ(DAIWA) クールラインα3 15L 発泡ウレタン・投入口付き


オオクワくん
オオクワくん

コスパ抜群!これなら間違いなしと言えるクーラーボックスです!

メリットとデメリット

〇断熱材は発泡ウレタンで、コスパがいい
〇小口の投入口が付いており、冷気を逃がさない工夫がされている
〇15Lサイズで大きな魚も対応できる
〇座れる設計になっており、椅子代わりとして利用できる

こんな人におすすめ!

⇒長く使えるしっかりとしたクーラーボックスが欲しい
⇒椅子代わりとしてクーラーボックスを使いたい

こちらは2Lペットポトルが真横に入るサイズなので、市販の保冷剤の他にも、2Lペットボトルに水を入れて凍らせた氷を保冷剤として使用することもできます。

口コミも見てみましょう!

コクワくん
コクワくん

持ち運び簡単、保冷力バツグン、さらにはフタが取れてとても洗いやすいという三拍子揃ったクーラーボックスです。値段以上の価値アリと思います。

カワハギ釣りに使用しました。大きさがちょうど良く感じました。蓋も取れて洗うのに楽ですが、水抜きがあると嬉しい。

Amazonカスタマーレビューより引用

オオクワくん
オオクワくん

水抜き栓はついていないので、水抜き栓がどうしても欲しい方は注意が必要です!

ダイワ(DAIWA) クールラインα3 15L 発泡ウレタン・投入口付き」はコスパでみると非常にバランスが良く、椅子としても使えるのが魅力のクーラーボックスです!







ダイワ(DAIWA) クールラインα3 15L 1面真空パネル


メリットとデメリット

〇断熱材は真空パネル1面(底面)+発泡ウレタンなので保冷力は非常に高い
〇15Lサイズで大きな魚も対応できる
〇座れる設計になっており、椅子代わりとして利用できる
×価格は高くなってしまう

こんな人におすすめ!

⇒保冷力が高いクーラーボックスが欲しい
⇒椅子代わりとしてクーラーボックスを使いたい

こちらも2Lペットポトルが真横に入るサイズなので、2Lペットボトルに水を入れて凍らせた氷を保冷剤として使用することができます。

熱からの影響を受けやすい底1面を真空断熱パネルにすることで、外部からの影響を少なくしながらも真空パネルを利用した中では価格を抑えたクーラーボックスになります。

口コミも見てみましょう!

コクワくん
コクワくん

サイコーです。

これは中々の暑さにも負けず溶けにくいです

オオクワくん
オオクワくん

保冷力に満足するレビューが多いです!しっかりと密閉しないと保冷力は落ちてしまうので、しっかりとクーラーボックスを閉じて持ち前の保冷力を活かしましょう!

ダイワ(DAIWA) クールラインα3 15L 1面真空パネル」は保冷力の高さと、椅子としても使えるのが魅力のクーラーボックスです!







まとめ

クーラーボックスは釣りには欠かせないアイテムです!

適切なサイズの選び方や保冷性能を知ることで効果的に使うことができます。

また、使いやすく持ち運びやすいものを選ぶことも大切です。

便利で使いやすいクーラーボックスで快適な釣りライフを楽しみましょう!















  • コメント: 0

【タコ釣り】タコの締め方!ナイフ、ハサミがあれば簡単!前のページ

釣りでエイを狙う!リールはどんなものがよい?次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

おすすめ記事

  1. 【初心者必見】これさえあれば釣りできます!必要な道具とおすす…
  2. 【魚を綺麗に捌きたい方向け】おすすめの包丁1選!【これを買え…
  3. 【コスパ重視】おすすめの釣り竿3選!【初心者にもおすすめ】
  4. 【釣りにおすすめクーラーボックス2選】選び方を完全解説!【初…
スポンサーリンク
  1. 釣行日記

    【千葉】江戸川放水路で釣り!チニングでクロダイ(チヌ)を狙う!まさかのマゴチも。…
  2. 釣行日記

    【千葉】銚子マリーナで釣り。冬の夜釣りで色んな魚種!
  3. リール

    【釣り】リールの糸(ライン)の巻き方と下巻きについて!下糸はなぜ必要?【初心者で…
  4. 釣り豆知識

    エイやゴンズイ、オコゼなどが持っているタンパク毒とは?刺された時の対処法も覚えて…
  5. 釣行日記

    【千葉】花見川でスッポンを釣る!餌や仕掛け、時期、時間についても!
PAGE TOP