オオクワガタの値段は?大きさ(70mmや80mmなど)と血統で変わる

オオクワガタと言っても2000~3000円くらいで買える個体もいれば、15000円もする個体もいます。

今回の記事では値段でどんな違いがあるの?どっちを買えばいいの?という疑問についてまとめていきます!

オオクワガタの値段を決める要素は主に2つに分かれます。

スポンサーリンク


オオクワガタの大きさ(サイズ)

基本、オオクワガタは大きいほど値段が上がる傾向があります。

オオクワガタは成虫になったらそれ以上は大きくなりません。

幼虫のときにどれだけ大きくなれたかが、サイズを決める重要な要素となります。

以下のサイズによる値段の違いを見てみてください!

むしや本舗【国産 オオクワガタ 成虫 オス Sサイズ 】
むしや本舗 【国産 オオクワガタ 成虫 オス 特大サイズ 80~81ミリ】

オオクワガタのサイズは区切りとして70mmオーバ―、80mmオーバーがラインとして見られることが多いです。

後で説明する血統や形なども関わってくるのですが、80mmオーバ―になってくると1万以上となってきます。

成虫を買う場合は大きければ大きいほど高くなり、大きい個体であれば1mmの大きさの違いも金額に反映されてきます。

スポンサーリンク


オオクワガタの血統

オオクワガタにも血統と呼ばれるものがあり、これによって成虫の特徴に差があるとされています。

ひとまずオオクワガタを飼ってみたい!という方に関しましてはこの血統については無視してもOKです!

一部、血統の特徴を紹介すると以下の通りです。

能勢YG

大型血統で有名で、オオクワガタの血統のなかでも一番と言っていいほどメジャーです。

能勢YG血統は大型の個体が生まれやすいとされています。

その分、血統としての価値も高く、高値が付くことが多くなります。

むしや本舗 【 能勢YG オオクワガタ 成虫 特大サイズ オス82ミリ】

阿古谷産

太いアゴが特徴とされる血統です。

極太として知られています。


このあたりは良く目にすることになると思います。

まだまだ血統はたくさんあるのですが、正式に登録されて決められている訳ではないのでひとつの特徴の指標という見方がいいと思います!

しかし80mmを越える個体を羽化させたい、狙った形の個体を羽化させたい、というこだわりがある場合は血統も重要な要素になってきます。

スポンサーリンク


まとめ

  • 価格を決めるのは大きさと血統
  • とりあえず飼育できれば良い場合は血統が不明の個体でよい
  • 大きさや形にこだわるのであれば血統は必要

何を重視するかでオオクワガタの選び方が変わってきます!

血統にこだわりがなければ、3000円でも立派なオオクワガタを購入することもできるので是非大切にしてあげてください!



  • コメント: 0

オオクワガタに必要な飼育用品。揃えると値段はどのくらい?前のページ

オオクワガタの購入はホームセンター?専門ショップ?オークション?それぞれのメリット、デメリット!次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

おすすめ記事

  1. 【初心者必見】これさえあれば釣りできます!必要な道具とおすす…
  2. 【魚を綺麗に捌きたい方向け】おすすめの包丁1選!【これを買え…
  3. 【コスパ重視】おすすめの釣り竿3選!【初心者にもおすすめ】
  4. 【釣りにおすすめクーラーボックス2選】選び方を完全解説!【初…
スポンサーリンク
  1. 締め方

    【タコ釣り】タコの締め方!ナイフ、ハサミがあれば簡単!
  2. 食べ方研究

    江戸川放水路で釣れたクロダイ(チヌ)を食べる!臭いや味は大丈夫?
  3. 釣行日記

    【千葉】銚子マリーナで夜釣り!【クロダイ、シタビラメ、ムラソイ】
  4. 釣行日記

    【茨城】港公園(鹿島港)で釣り!特に冬のアナゴが狙い目!
  5. 釣り竿(ロッド)

    釣竿の穂先(先端)が折れた!自分でトップガイドの修理、交換をしよう!【ロッド】
PAGE TOP