釣りいろいろ研究!

【実際に確かめてみた】釣りができる風速は何メートルまで?【8m以上は危険】

スポンサーリンク


どうしても釣りに行きたくて仕方ないとき、ありますよね?

そして予定していた日に限って雨だったり、風が強い予報だったりしますよね?

それでも釣りへ行きたい!という方へ、どのくらいの風速だったら釣りができるのかを実際に釣りに行き確かめてきました!

論より証拠!魚が釣れれば釣りができると言っても過言じゃないだろう!と最初は思っていましたが、海の風を侮ってはいけないことも実際に行ってみて分かりました。。。

ちなみに台風の基準は大体風速17mを超えたあたりからです。

※今回の検証は風速10mまでの検証です

是非、釣りに行く日に風が強そうな予報でしたら参考にしてみてください!

風が強いとなぜ釣りができないのか

ではなぜ風が強いと釣りはできないのでしょうか?

実際に行ってみて僕が感じた風によるデメリットをまとめてみます。

命の危険がある

風が強いときに海に行くことはそもそもとても危険です。

風が強ければ、波もたちますし、海の流れも速くなったり渦ができたりします。

更に風速にもよりますが、体がもっていかれるような突風が吹くこともあります。

そんな突風などでもし海に落ちてしまったら風によって荒れ狂っている海に飲まれてしまってもおかしくありません。

そうなれば命にかかわってくることになります。

仕掛けが飛ばない&流されて絡む

風が強いときは仕掛けを投げても押し返されて飛距離が出ないことがほとんどです。

スポンサーリンク


そして仕掛けも風と風によって荒れている海の流れによってどんどん流されていきます。

別の仕掛けに絡んでしまうこともありますし、海の障害物に絡んでしまうことも良くあります。

こんな状況が連続で続いてしまうのではストレスの方が溜まってしまい、釣りどころではなくなってきます。

アタリが分からない

風が強いと仕掛けやラインが流される振動や、竿が風で揺さぶられたりして常に竿先が揺れている状態になります。

そうなってくると細かなアタリなどは全く分かりません。

大きな魚だった場合は分かるかもしれませんが、かなり釣りがし辛い状況になります。

釣りができる風速は何メートルまで?

今回は実際に風速10mまで釣行に行ってみて確かめてみました!

結果からいうと風速10mでも魚は釣れました。

釣れたには釣れたのですが、やはり色んな思うことがあるのでそれも含めた風速別の釣りで感じたことをまとめます。

風速10mは台風レベルじゃないと言っても、海は風を遮るものがないのでかなりの強風になります。

風速0~2m

最高!

釣りをしない理由がない!

後は特筆すべきところはなし!

とりあえずこの風速なら釣りをするには最高のコンディションです。

風速3~4m

風を感じてくるのはこの辺りからになります。

スポンサーリンク


一瞬、風強いかもなと思うタイミングもあるかもしれませんが、釣りにはほぼ問題ありません。

釣りをするには問題ないと言えます!

風速5~7m

ここからは風強いな~と感じてくるラインです。

画像のように白波も目立ってきます。

風の影響で投げても飛ばなくなったり、仕掛けごと流されたり、アタリも分かりづらくなってきたり、色々気になってくるのがこの風速ぐらいからです。

釣りができる限度はこのぐらいでしょう。

このぐらいの風速からは転落の危険があるので磯や柵なしの釣り場はやめた方が良いです。

風速8~10m

このときは雨も強いこともあって天候がひどすぎて写真とる気力がありませんでした、すみません、、、

遮るものがない海の場合、このぐらいになると体感では台風レベルに風を感じます。

投げても飛距離は出ず、糸や仕掛けは流され、かなり釣りにくいです。

ルアーなんか投げようものなら風や波の影響で反対側からルアーが返ってくるようなこともしばしば。。。

まともな釣りは諦めて、釣りにくい状況で粘るような釣りになります。

冬、風速10m、どしゃ降りのコンボの中、釣りをしましたが釣りにくいといったものではなかったです、、、

少ないながらそれでも魚(タチウオ)は釣れたので釣りが出来ないとは言い切れないのが難しい。

ただ、かなり危険だと思ったので全くオススメはできない風速です!

スポンサーリンク


磯や柵がない釣り場は危険です。

どうしても諦めきれないとき

どうしても諦められない場合は、風が弱い地域に行くか、せめて海に落ちる危険がない高い柵がある釣り場にしましょう。

風が弱ければそもそも問題はないので、場所を移動してしまうのが一番良い選択です。

場所の移動が厳しいのであれば、せめて高い柵があり海に落ちることがない場所で釣りをしましょう!

釣り辛さは変わりませんが、命に関わるようなことはなくなります。

風速5mを超えた辺りからは、場所の変更、もしくは高い柵のある場所での釣りを検討してください!

まとめ

ストレスなく釣りができるのは風速5m程度までになってくると思います!

風が強くても魚は釣れますが場所によっては危険であること、釣りづらい、というのは事実ですので参考にしてみてください!

風速8m以上ともなると危険なので、釣りはやめておいた方が無難だと思います_(._.)_

おすすめ記事

【全て実体験】実際に使って厳選した釣り竿3選!【初心者にもおすすめ】
【釣り方別】コスパ最高、スピニングリール7選!【初心者にもおすすめ】
【価格別】釣りに必須のクーラーボックス5選!【もってないのはNG】
【魚を綺麗に捌きたい方向け】おすすめの包丁1選!【これを買え!】

スポンサーリンク




生のアナゴには毒がある?アナゴを刺身で食べるには?前のページ

魚を血抜きする理由!なぜ血抜きが重要と言われているのか?次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク

おすすめ記事

  1. 【魚を綺麗に捌きたい方向け】おすすめの包丁1選!【これを買え…
  2. 【全て実体験】実際に使って厳選した釣り竿3選!【初心者にもお…
  3. 【実務経験なし】25歳で月収37万になった話【資格なし】
  4. 【釣り方別】コスパ最高、スピニングリール5選!【初心者にもお…
  5. 【価格別】釣りに必須のクーラーボックス5選!【もってないのは…
スポンサーリンク

アーカイブ

お問い合わせフォーム

    スポンサーリンク
    1. 釣行日記

      タイとイシガキダイを塩焼きで食う!一応シガテラ毒には注意してね!
    2. こっそりサイドFIREを狙う

      【お金にまつわる5つの力】増やす力を磨く【FIRE、サイドFIRE】
    3. 釣りいろいろ研究!

      【重要度順】魚の熟成をする時の必須、おすすめアイテム【一覧】
    4. 釣行日記

      アカエイの肝の処理から食べ方!刺身、煮つけは絶品!?【冷凍保存可能】
    5. 釣行日記

      月島、隅田川で釣ったハゼを食べる!
    PAGE TOP