【釣り】リールのドラグとは?あった方がいい?ドラグの役割と必要性

みなさんは釣りで使うリールのドラグ機能というものをご存じでしょうか?

この記事では改めてドラグの役割、ドラグは必要なのかどうか、ドラグ調整の方法についてをまとめていきます!

スポンサーリンク


ドラグ機能とは

ドラグ機能とは簡単に言うと糸が強く引っ張られると、糸を出す機能のことを指します!

例えば「クロスキャスト4000QD」はドラグ機能付きのリールになります。


このドラグ機能はリールによってついているものとついていないものに分かれます!

このドラグ機能はどの程度の力で引っ張られると糸が出るようにするなどの調整も可能です。

ドラグ機能がついていないリールの場合はいくら糸を引っ張ってもそれ以上糸が出ていくことは基本ありません。

オオクワくん
オオクワくん

ドラグ機能がついていて、糸が出るとどんないいことがあるの??

このドラグ機能の役割は次の項で詳しく見ていきます!

スポンサーリンク


ドラグ機能の役割

クッションのような役割

ドラグがないリールの場合だと大物がかかって糸が引っ張られた時に、そのまま糸が切れてしまうことがあります。

こんなときドラグがあるリールだと、リールが糸を出してくれるのでいくら走られても糸が切れるということは少なくります!

このように糸を出してくれるおかげで、大物がかかったとしても竿やリールにかかる負担を少なくしてくれるクッションのような働きがあります。

魚の体力を奪う

ドラグはどのくらいの力で引っ張られたら糸を出すというような調整が可能です。

この調整を重めにしておくことで、引っ張る魚にも負荷がかかり体力を奪うことができます。

無理やり巻くようなファイトをすると糸が切れたり、竿にダメージが入ってしまいますが、このようにドラグ調整を上手く使う事で魚の体力を奪いながらじわじわと寄せるといったことが可能になります!

大物がかかった時に真価を発揮するのがドラグ機能なんだね!

コクワくん
コクワくん
スポンサーリンク


ドラグ機能は必要なのか

ドラグ機能がついているリールは調整してドラグが働かないようにして使うこともできます。

つまりドラグ有り、ドラグ無しの両方で使えるのがドラグ機能つきのリールです!

ではどんな釣りでもドラグ機能つきのリールのほうがいいのでしょうか?

答えはNOです!

オオクワくん
オオクワくん

ドラグ機能が付いたリールは、ドラグ機能がないリールの完全上位互換ではないんだね!

代表的なものではキス釣りなんかではドラグ機能がないリールが好まれる傾向があります。

ドラグ機能がないリールが好まれる場合の理由としては

  • ドラグ機能がない分、値段が安い
  • ドラグ機能がない分、重さが軽い
  • 遠投性能が比較的高い
  • アタリが重要な釣りにおいてドラグは邪魔になる

ということが挙げられます。

このような場合はドラグ機能がないリールの方が好まれることが多いです!

大物などを狙う場合はドラグ機能付き、キス、カレイ、などを中心に狙いたい場合はドラグ無しなど、使い分けるのが一番良いでしょう!

釣り方に合わせて変えていこう!

コクワくん
コクワくん

おすすめのリールをまとめた記事も書いているので、よければこちらも参考にしてみてください。



  • コメント: 0

【釣り】リールは左右どっち巻きが良い?右利き左利きなど利き手の違いでどう変わる?前のページ

遠投を重視したリールの選び方は?遠投リールの基礎知識!次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

おすすめ記事

  1. 【初心者必見】これさえあれば釣りできます!必要な道具とおすす…
  2. 【魚を綺麗に捌きたい方向け】おすすめの包丁1選!【これを買え…
  3. 【コスパ重視】おすすめの釣り竿3選!【初心者にもおすすめ】
  4. 【釣りにおすすめクーラーボックス2選】選び方を完全解説!【初…
スポンサーリンク
  1. リール

    【釣り】リールの注油のやり方!グリスとオイルを使い分ける
  2. 釣り豆知識

    シーバスの居着型と回遊型!どちらも食べれるけど、、、
  3. リール

    堤防釣りにおすすめのリールは?汎用的で使い勝手抜群のリールを選ぼう!
  4. 穴釣り

    【穴釣り】おすすめの道糸(ライン)と号数は?ナイロン、フロロ、peラインを比較!…
  5. 釣り豆知識

    シーバスは冬でも釣れるのか?
PAGE TOP