釣りいろいろ研究!

クロスキャスト4000と4000QDのレビュー【替えスプールは付属する?】

スポンサーリンク


投げ釣りをするためにプライムサーフを購入して、一年ほど使用しています。

今まで釣竿は投げ釣り用なのにリールは投げ釣り用ではないものを使っていました。

なので、投げ釣り用リールとしてはお手頃価格で買える 「クロスキャスト4000」と 「クロスキャスト4000QD」を購入して使用してみたレビューをまとめてみます!

クロスキャストは使い続けて早3年となりますが、今でも投げ釣りでは現役バリバリで活躍してくれています!

クロスキャストとは

クロスキャストはダイワから発売されているスピニングリールになります!

4000番~6000番まである投げ釣り用リールです。

クロスキャスト4000は4000番手のスプール、クロスキャスト6000は6000番手のスプールが付けられており、番手が大きいほど巻ける糸の量が増えます。

自分が使用する糸の太さや糸巻量に合わせて選ぶのが基本ですが、ほとんどの場合は4000番で十分だと思います。(実際今まで使ってきて4000番で困ったことはありません)

船に乗って深い層を攻める、太い糸で大物を狙う、という釣りがメインの場合などは6000番などでも良いと思います!

参考までに、クロスキャストの番手毎にどの程度ナイロンが巻けるかを記載しておきます。

4000番手4500番手5000番手5500番手6000番手
4号
250m
6号
200m
7号
250m
8号
250m
10号
250m
5号
200m
7号
170m
8号
200m
10号
200m
12号
200m
6号
150m
8号
140m
10号
150m
12号
170m
16号
170m

上記はナイロンラインの場合ですので、PEラインなどの細くて強度が高い糸を使う場合はもっと巻くことができます。

僕はクロスキャスト4000QDにPE1.5号を巻いているのですが、約400mほど巻いて使っています。

おそらくもっと巻くこともできそうですが、巻く糸によっても変わるので注意してください。

クロスキャストQDとは

QDとは「クイックドラグ」の略で4000番にのみ実装されている機能になります。

ドラグ機能は緩めることで糸を強く引っ張られるとリールから糸がジーっと出ていくようになります。

スポンサーリンク


ドラグは魚の引きによって糸が切れることや竿に想定以上の負荷がかかることを防ぐ役割を持っています。

通常このドラグを緩めるためには何回転かドラグノブを回す必要があるのですが、「クイックドラグ」はドラグノブを一回転させるだけで固い状態からから緩めた状態に、もしくはその逆に切り替える事ができる機能です。

すぐにドラグの強さを切り替えられるので、不意に大物がかかった時などにも簡単にドラグ調節をしてやりとりができるというのがクイックドラグの強みとなります!

クロスキャストの互換性

クロスキャスト4000~6500まではスプールに互換性があります。

1つの本体に番手が違うスプールを取り付けることが可能で、例えばクロスキャスト4000の本体に5000のスプールを付けるなどが可能です。

番手が違うスプールを複数もって、船用や陸っぱり用などとして付け替えるといった使い方もできますね!

だだし、クロスキャストQDの本体にQD仕様ではないスプールを取り付けるとドラグ機能はほぼ使えない状態になります。

QD本体にはQD仕様のスプールを付けた方がよいでしょう。

クロスキャスト4000のレビュー

僕が使用しているクロスキャスト4000は大分古いものになりますが、こちらです。

使っていて不満な点はありません!

飛距離も十分でますし、巻き心地もスムーズです。

注意点があるとすれば重さが650gと少し重めです。

投げ釣り用のリールですので多少は仕方ないのですが、大人であればほぼ問題ないかと思います。

この価格でこの使用感、飛距離なら満足できるリールです!

以下のリンクは写真の物よりも最新のモデルです。

スポンサーリンク


ドラグが不要なキス釣りやカレイ釣りなどとは特に相性がいいと思います!

クロスキャスト4000QDのレビュー

クロスキャスト4000QDの最新モデルとなります。

使用感はクロスキャスト4000と変わらず、飛距離、巻き心地共に良いです!

実際の釣行で一度ドラグが上手く機能しなくなった時があったのですが、一度スプールを外して再度組み立て直したら元通り機能するようになりました。

クロスキャストに限らずドラグ付きの製品は嚙み合わせの問題もあるので、もしドラグがうまく機能していないと感じた際は一度組み立て直すなどしてみましょう。

使い始めて3年経ちますが、クイックドラグの調子も問題なく、巻いてもシャリついてくることもないので耐久性も良い感じです。

クロスキャスト4000より値段は少し高めですがクイックドラグ機能があるので青物や不意の大物にも対応できるのが強みです。

コスパも良くかなり良い使用感ですので、投げ釣りをこれから始める方にもおすすめです!

替えスプールは付属する?

クロスキャストには替えスプールは付属しません。が替えスプールが欲しくなるタイミングはあるかもしれません。

その際は別途購入する必要があるのでその点はちょっと手間かもしれませんね。

クロスキャスト4000の替えスプールは以下。


クロスキャスト4000QDの替えスプールは以下。


まとめ

結論、クロスキャストを買ってよかったです!

この価格帯でこのクオリティ、3年使ってもまだまだ問題ない耐久力で文句なしのリールです。

これから投げ釣りを始める方でも、複数の投げ釣り用リールを持っておきたい方にもおすすめできるリールです!

スポンサーリンク


おすすめ記事

【全て実体験】実際に使って厳選した釣り竿3選!【初心者にもおすすめ】
【釣り方別】コスパ最高、スピニングリール7選!【初心者にもおすすめ】
【価格別】釣りに必須のクーラーボックス5選!【もってないのはNG】
【魚を綺麗に捌きたい方向け】おすすめの包丁1選!【これを買え!】

スポンサーリンク




江ノ島で釣り!狙えカワハギ!!前のページ

釣ったカワハギを刺身に!もちろん肝醤油で!次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク

おすすめ記事

  1. 【魚を綺麗に捌きたい方向け】おすすめの包丁1選!【これを買え…
  2. 【全て実体験】実際に使って厳選した釣り竿3選!【初心者にもお…
  3. 【実務経験なし】25歳で月収37万になった話【資格なし】
  4. 【釣り方別】コスパ最高、スピニングリール5選!【初心者にもお…
  5. 【価格別】釣りに必須のクーラーボックス5選!【もってないのは…
スポンサーリンク

アーカイブ

お問い合わせフォーム

    スポンサーリンク
    1. こっそりサイドFIREを狙う

      NISA、積立NISAとは?違いやおすすめは?【FIRE、サイドFIRE】
    2. 釣りいろいろ研究!

      魚の三枚おろしのやり方!刺身も天ぷらもまずはここから!
    3. 釣りいろいろ研究!

      魚の締め方!神経締めについてとそのやり方!
    4. 釣行日記

      アカエイの肝の処理から食べ方!刺身、煮つけは絶品!?【冷凍保存可能】
    5. オオクワガタについての小言

      どうしてもクワガタじゃなくカブトムシが飼いたい!?そんな時のオススメ、ヘラクレス…
    PAGE TOP