食べてみる系

タイとイシガキダイを塩焼きで食う!一応シガテラ毒には注意してね!

古い釣り具や不用品が家に眠っていませんか?
そんなときは釣具買取専門店に買取依頼!
専門店だからできる高価買取!!

\最短当日に訪問、その場で査定・お支払い!まずは無料査定!/
釣具買取専門店 ウェイブ






今日は前回の鴨川漁港で釣れたタイとイシガキダイを食べていきます!

タイは10cmほどの可愛い小鯛でイシガキダイも15cmほどの幼魚です。

上がイシガキダイ、下がタイ

イシガキダイは幼魚の頃は画像のように斑点模様があるのが特徴で、大きくなるにつれてこの模様は消えていきます。

イシガキダイも高級魚として美味しくたべられている魚ですが、 シガテラ毒を持つ可能性があるという点には注意が必要です!

イシガキダイなどを釣った場合は以下を呼んで判断してください。

[blogcard url=”https://ookuwablog.com/ciguatera”]

それでは料理していきますか!

スポンサーリンク


下処理

タイもイシガキダイも今回は塩焼きにしていくので、鱗、エラ、内蔵をとっていきます。

まずは鱗を!

しっかりとした鱗があるので背ビレや腹ビレの付け根までしっかりと落としていきます。

細かいところは包丁の切っ先を使って落としていく

小さくてもヒレは鋭いので指を刺されないように気を付けましょう!

まったく関係ない話ですが、友人が指にルアーを刺して抜けず病院に行ってました、、、

ヒレにはカエシは付いてませんがかなり痛いので、注意してください。。。

鱗をとったらエラを取ります!

まず片方のエラ蓋を開いて包丁でエラの上と下の付け根を切ります。

エラの上の付け根を切断
続いてエラの下の付け根も

ここでは完全に切らなくても大丈夫ですが、できるだけ切っておくと楽です!

次に包丁の切っ先が反対側のエラ蓋から出るくらいまで画像のように差し込んで、

間違えて先にお腹を切ってしまった。。。

魚の半身を画像のようにまな板に押し付けます。

この時包丁とまな板でエラとエラ蓋を挟んでいる状態です。

ここから包丁でエラをまな板に押し付けながら魚をいい感じに捻りながら持ち上げると

ご覧のようにエラが抜け、上手くいくと内臓も一緒に出てきます!

慣れれば簡単にできるので練習してみてください!

あとは肛門からお腹を開き、内蔵と血合いを綺麗に流したら下処理は完了!

スポンサーリンク


塩焼きに

塩焼きは塩を適量ふって、グリルで焼くだけ!

塩をふるときに背ビレ、胸ビレ、尾ビレに塩を揉み込むと綺麗に開きます!

このまま焼いて

途中でひっくり返して完成!

間違いない!(笑)

味は、、、どちらも淡泊めですが、それが塩焼きと合って美味しい!

流石、タイですね~!

もっと大きいの釣って刺身で食べられるような男になるぞー!

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
最後まで読んでいただきありがとうございます。
いいなと感じていただけましたら、
下のボタンをクリックしていただけますと、とても嬉しいです!
よければ応援よろしくお願いします!
本日もありがとうございました。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村 釣りブログ 陸っぱりへ
スポンサーリンク


古い釣り具、不用品買取

古い釣り具や不用品が家に置きっぱなしにはなっていませんか?

古くなってきた道具、使ってみたけどしっくりこなかった道具、不要品などは高価買取してくれる買取サービスを利用してみてはいかかでしょうか?

専門店だからできる高価買取!!

\最短当日に訪問、その場で査定・お支払い!まずは無料査定!/
釣具買取専門店 ウェイブ






スポンサーリンク


釣りを始めてみたい方へ

釣りを始めてみたいけど、何から揃えればいいか分からない、、、という方に向けて必要なアイテムをできるだけ簡潔に記事にまとめました!

【初心者必見】これさえあれば釣りできます!必要な道具とおすすめ紹介!

なにから見ればいいのかわからないという方の参考になればと思います!

おすすめ記事

【コスパ重視】おすすめの釣り竿3選!【初心者にもおすすめ】
【釣り方別】コスパ最高、スピニングリール7選!【初心者にもおすすめ】
【コスパ最強】釣りにおすすめのクーラーボックス3選!【初心者にもおすすめ】
【魚を綺麗に捌きたい方向け】おすすめの包丁1選!【これを買え!】



【千葉】下洲港で釣り!陸っぱりカワハギを釣る!【富津港、大貫港】前のページ

サッパは酢漬けで!寄生虫はどうする?【サッパヤドリムシ】次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

おすすめ記事

  1. 【初心者必見】これさえあれば釣りできます!必要な道具とおすす…
  2. 【魚を綺麗に捌きたい方向け】おすすめの包丁1選!【これを買え…
  3. 【コスパ重視】おすすめの釣り竿3選!【初心者にもおすすめ】
  4. 【釣り】コスパ重視のおすすめスピニングリール5選!【初心者に…
  5. 【釣りにおすすめクーラーボックス3選】選び方を完全解説!【初…
スポンサーリンク
  1. 魚の熟成

    【熟成魚】魚を寝かせる期間は何日まで?腐るまでの日数と失敗の判断基準!
  2. アイテム紹介&レビュー

    【ルアーマチックのインプレ】王道のルアーロッド!エギングやヒラメなどにも【評価・…
  3. アイテム紹介&レビュー

    【コスパ重視】おすすめの釣り竿3選!【初心者にもおすすめ】
  4. リール

    【釣り】リールのドラグとは?あった方がいい?ドラグの役割と必要性
  5. 食べてみる系

    ホウボウの食べ方!小さいから丸ごと唐揚げに!
PAGE TOP