釣りいろいろ研究!

魚の熟成に専用シートを使ってみる!【熟成魚】

スポンサーリンク


魚の熟成について試行錯誤をしている今日この頃。

熟成のやり方によって本当に味は変わるのか若干半信半疑な部分もありますが、やれることはとりあえずやってみて食べてみるしか確かめる方法はない!

と、いうことで今回の記事の本題に入ります。

魚の熟成に専用シートを使ってみる

皆さんはこのような商品を見たことあるでしょうか?

僕はなんとなく存在は知っていましたが、今回は魚が本当に美味しくなるならと思って購入してみました!

商品名は「ピチットシート」というもので、魚の余計な水分や臭みをとってくれて美味しく食べられるというものです。

結構良さそうな話も聞くので、今回はこちらを魚の熟成に使ってみました!

ピチットシートの原理

実際は商品のホームページを見ると全部書いているのですが、簡単にまとめると

ピチットシートは層のようになっており、

シート層、水分や臭みを吸着する層、シート層

という3層になっているそうです!

広げてみるとこんな感じ!半透明でシートとシートの間にちょっとしたゼリーのような感触のものが挟まっています。

このシート層は魚の旨味は通しませんが、水分や臭みは通す特性を持つため、魚に旨味を残したまま余計な水分や臭みは真ん中の層に吸着されるといった構造になっています。

詳しくはピチットシートのHPへ。

この原理によって魚の旨味は濃く、臭みや水っぽさは少なくなり美味しく食べられるといったものになります!

スポンサーリンク


ピチットシートの使い方

ピチットシートの使い方はこのシートで魚を包み、冷蔵庫で保管しておくだけという手軽さ。

ただガンガン水分を吸収していくので、刺身で食べる場合は包んでから1時間程度で取り出すとのこと。

一夜干しなどをつくるときは一日包んでおくなどの使い方もできるようです!

それでは実際に使ってみてどうだったかをまとめていきます!

ピチットシートを使って魚を熟成

刺身で食べる場合はピチットシートに1時間程度包んでおくのがよいみたいなので、

ピチットシート1時間→その後、キッチンペーパーによる熟成(2日)

の流れでやってみます!

ピチットシートの特性上、魚を包む場合は切り身や冊などの状態の方がよさそうです!

僕はいつも魚を熟成させるときは一匹丸々やっちゃうのですが、それだと厚みがあるの分中心部までピチットできないかも知れないので。。。

以下がいつもやっている一匹丸々熟成させる方法です。

ピチットシート1時間→その後、キッチンペーパーによる熟成

実験のためにスーパーからアジの刺身を買ってきたので、今回はこれを使っていきます。

まずはピチットシートでアジの切り身をぐるっと隙間なく包んでいきます。

もう一つは比較用でいつも通り、キッチンペーパーに包んでおきます。

上がピチットシートで包んだアジで、下がキッチンペーパーで包んだアジです。

この二つをビニール袋にいれ、空気をできるだけ抜いて密閉し冷蔵庫で熟成させていきます。

スポンサーリンク


一時間後にピチットシートの方は一度取り出して、キッチンペーパーで巻きなおします!

一時間ですが確かに水分は結構シートが吸ってくれているみたいです!

ピチットシートからキッチンペーパーに巻きなおした方も、再度ビニール袋へ入れて空気を抜き密閉します。

分からなくならないように、通常とピチットシートの方で目印をつけておきます!

後はまた冷蔵庫に入れて2日熟成させます!

通常の熟成とピチットシートを使用した熟成を食べ比べる

2日後になったら食べごろだと思うので、どちらも取り出して刺身にしていきます!

刺身にしたのがこちら!

どちらも良い感じですね!左が通常で右がピチットシートを使用した方です!

手触り的に言えば、ほんの少しピチットシートを使用した方がキュッと締まっているような感じがして、切りやすかったです!

匂いはそもそも少ないのであんまり大差ないかな?

それではいただきます!

通常通り熟成させた方は、普通に美味しいです!

初日に食べるより、もっちりとしていながらも意外と歯ごたえもあって旨い!

ピチットシートを使用した方は、確かに通常の熟成をした方より後味に残る生臭みというか生魚感は抑えられている感じがします!

キッチンペーパーだけで熟成するよりも、キュッと締まって生臭みは抑えられていそうです!

スポンサーリンク


熟成にこだわる方や試してみたい方はまずはお手頃な15枚入りを買って試してみてはいかかでしょうか?

魚の熟成に関してはおすすめのアイテムをまとめた記事も書いたので是非みてみてください!

おすすめ記事

【全て実体験】実際に使って厳選した釣り竿3選!【初心者にもおすすめ】
【釣り方別】コスパ最高、スピニングリール7選!【初心者にもおすすめ】
【価格別】釣りに必須のクーラーボックス5選!【もってないのはNG】
【魚を綺麗に捌きたい方向け】おすすめの包丁1選!【これを買え!】

スポンサーリンク




魚の締め方!おすすめの道具をいくつか紹介!前のページ

釣りにクーラーボックスはいらない?次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク

おすすめ記事

  1. 【魚を綺麗に捌きたい方向け】おすすめの包丁1選!【これを買え…
  2. 【全て実体験】実際に使って厳選した釣り竿3選!【初心者にもお…
  3. 【実務経験なし】25歳で月収37万になった話【資格なし】
  4. 【釣り方別】コスパ最高、スピニングリール5選!【初心者にもお…
  5. 【価格別】釣りに必須のクーラーボックス5選!【もってないのは…
スポンサーリンク

アーカイブ

お問い合わせフォーム

    スポンサーリンク
    1. こっそりサイドFIREを狙う

      FIRE達成のポートフォリオ。年齢別でリスク管理【FIRE、サイドFIRE】
    2. 釣行日記

      タコ釣りのシーズンは?冬でも釣れる?
    3. こっそりサイドFIREを狙う

      貯蓄率とは?FIRE達成するにはどのくらい必要?【FIRE、サイドFIRE】
    4. 釣りいろいろ研究!

      タコの締め方!ナイフ、ハサミの活き締めから下処理の方法。【意外と簡単】
    5. 釣行日記

      船でアジ釣り!船酔い予防策は?予防してもどうしようもないときもある。
    PAGE TOP